カテゴリー「家族」の記事

2012年5月12日 (土曜日)

無神経で信用ならない家族達(長文ナリ)

5月5日、

LEOが発作を起こした。

四肢を激しく痙攣させての発作は、

アタシを恐怖のどん底に突き落とした。

その日は夕方から様子がおかしくなり、

K動物病院で点滴をしてもらい帰宅していたのだが、

発作が起こったのは夜の8時をまわっており、

診察時間はとっくに過ぎていたけど、

すぐさま病院に電話を入れ、

LEOが発作を起こした旨と、

その様子を動画に撮っていると言うと、

Kセンセイはすぐさま

「痙攣止めの座薬を取りにいらっしゃい。」

と、言って下さった。

Kセンセイに動画を見てもらい、

頂いて帰った座薬を入れると、

発作は幾分おさまったが、

時折苦しそうに「キャンキャン」と鳴き、

そんなLEOの姿を見ていると、

胸がはりさけそうになり生きた心地もしなかった。

とりあえず、そんなLEOを見守ることしか出来なかったが、

翌日、アタシは5時まで仕事の予定であり、

徹夜で見守り続けるとなると仕事に支障をきたしてしまう。

そこで、家族が起きている間に仮眠をとり、

夜に備えようと布団に入ってはみたが、

LEOの様子が気になり、やはり眠れない。

そうこうするうちに夜も更けていき、

LEOの様子も相変わらずであったが、

皆が起きていたところでどうしようもないので、

交替でLEOを見ることにしてはどうかと、

まずはアタシが起きていられるだけ起きておき、

その後、デコに引き継いでもいいか?

と、打診すると、

デコは涙にくれながら、

「エエよ。

 変わったことがことがあったらいつでも起こしてくれりゃぁエエ。」

と、LEOの為なら何でもしまっせ!

というような心意気を全身にみなぎらせて言うのであった。

さて、

夜もしんしんと更けていき、

家族が寝静まったPOKI家では、

不安におののき生きた心地のしないアタシの息遣いと、

苦しげなLEOの息遣いだけが、

夜のしじまに響いていた。

苦しむLEOと二人の夜はとても長く不安なものだった。

よくもこのような状況で奴らは眠れるもんだな。

と、思ったが、

「寝てもエエよ。」と言ったのはアタシだし、

GWの真っ只中のPOKI夫とムスメなのだから、

翌日が仕事であるアタシのカラダを案じて、

「お母さん、寝てもエエよ。あとは任せて!!!」

と、言ってくれるだろうと、

淡い期待を抱いていたのだが、

同じ部屋で寝ていたムスメは、

LEOの苦しそうな鳴き声にもビクともせず、

隣室のPOKI夫に至っては、

寝しなに発泡酒でも飲んだのか「高イビキ」である。

あぁ、もう大概にしてくれ!

アタシだって寝たいんだ。

仕事なんだ!

GWの最終日に5時まで残業なんだ。

1時間!

せめて1時間でエエ。

アタシに束の間の眠りを与えてはくれまいか!

奴らの呑気な寝息に腹を立てながら、

「そうだ!デコがおるではないか!

 何かあったらいつでも起こしてくれと、

 あの心強い言葉があるではないか!

 姑はこのような時こそこき使うべきだ!」

そう思ったアタシは、

苦しむLEOを抱きかかえ、

階下にあるデコの寝室のガラス戸を開け、

「お義母さん・・・お義母さん・・・」

と控えめな音声で呼んでみた。

が!

しかし!

何かあったらいつでも起きると言いきったデコもまた、

「グォォォォ~!!!」

と、高イビキで熟睡しているではないかっ!

オマエ、フザケルナ!

あの心意気はどうした。

いやいや、

今のは控えめ過ぎたんだな。

ではもう少し大きな声で、

「お義母さん!お義母さんっ!!!」

と、呼びかけてみたのだが、

それでもデコの高イビキは止まらない。

全く、この役立たずめ。

アタシはデコの醜い寝顔にココロで悪態をつきながら、

スゴスゴと2階へ舞い戻り、

こちらも「高イビキ」で熟睡しているPOKI夫を叩き起し、

「LEOを見てくれ。

 頼むから1時間でエエからアタシを寝かせてくれ!!!」

と、懇願し、

苦しむLEOをPOKI夫に押し付けたのである。

POKI夫は一瞬何が起こったのかわからないようであったが、

アタシの鬼気迫る形相におののき、

LEOを見ると約束してくれた。

あぁ、

これでアタシにもやっと束の間の休息が訪れた・・・

・・・と、思ったのも束の間、

わずか小1時間足らずで、

LEOの鳴き声で目が覚め、

慌てて隣室へ行ってみると、

苦しむLEOの傍らで、

あろうことかPOKI夫は眠りこけているではないかっ!

こんなに苦しんでいるイヌが隣にいながら、

眠れるオメーの神経はどないなっとんねん。

アタシは心底呆れ、

POKI夫に対する殺意がメラメラと燃え上がった。

「コラっ!何寝とんよ!

 LEOに何かあったらどうするんで!

 もし、寝とる間にLEOの息が止まったら、

 オマエヲコロス!!!」

そう、脅しの言葉をPOKI夫に投げつけると、

「あぁ、ゴメン、ゴメン。」

と、謝ってはくるのだが、

隙あらば寝そうな勢いである。

で、

結局、

アタシが眠ることが出来たのはわずか1時間で、

ヘロヘロになりながら仕事に行く羽目になったアタシ。

5時までの残業は、

訳を言って「元ヘル」に代わってもらったのだが、

今後またこのような発作が起きた時には、

アタシは一体誰に頼ればエエのか、

全くどいつもこいつも信じられんぐらい無神経な奴らだ。

ところで、

気になるLEOの様子だが、

発作の翌日はグッタリとしており、

無神経な奴らに病院へと連れて行ってもらい、

「もしこのまま食欲が戻らなければ、

 点滴だけでは1週間しか持ちません。

 とりあえず毎日、点滴に来て下さい。」

との、ヒジョーに厳しい宣告を受け、

その夜のアタシは、

もうこれが最期かと泣き崩れたのである。

この深刻な状況に、

さすがの無神経な奴らも神妙な面持ちで、

デコはナミダにくれてはいたものの、

アタシはココロで、

「オマエのナミダは信用ならん。」

と疑っていた。

そして、

アタシの必死の祈りにより、

LEOは奇跡的に持ち直し、

足が麻痺しているので思うようには歩けず転んでいるが、

食欲だけはオソロシクある。

そんな懸命に生きているLEOに、

アタシは命を救われるという出来事があったのだが、

長くなったので、

それはまた次回のお話。

「ポチ」をよろしく。
  ↓

  
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年8月14日 (金曜日)

ゴミ溜めに住まう家族

ムスメとダンナが「盆休み」に突入した。

・・・ってコトで、

昨日は、

お盆恒例の「墓参りツアー」(←そんな大層なモンか?)

に行ってきた。

Img_3700      ↑墓場にいたセミ。

今日は午後から義弟家族が来る予定。

夕食はデコちゃんの奢りで、

シ~ス~(←寿司)にありつけるカモ。ウシシ!

さて、

明日はいよいよ「広島」である。

なのに、

まだ「荷造り」をしていない。

えぇ、

アタマの中では何度も「シミュレーション」してるんですがね。
(なら、さっさとやれば?)

ところで、

ムスメとダンナが家に居やがると、

たちまちのうちに我が家は「ゴミ溜め」と化す。

「ゴミ溜め」の中で、

平然とくつろいでいるヤツらを見るにつけ、

ヤツらもろともゴミ袋に放り込んで、

ゴミステーションに捨てに行きたくなる。

これからお見せする画像は、

アタシがテアトロンに行き、

その翌日には実家に行き、

ヘロヘロになりながら帰宅した折に、

アタシの目の前に繰り広げられていた光景である。

この状況下で、

ムスメはパソコンに興じ、

ダンナはテレビを見てバカ笑いをしており、

LEOは惰眠を貪っていた。

それを見て、

アタシの疲れが倍増したコトはいうまでもない。

よくもまあ、

こんな状況で、

平然とくつろいでいられるもんだと、

怒りを通り越して、呆れてしまった。

そして、

呆れ果てたアタシがとった行動は、

この惨状を「写メ」に撮り、

妹たちにメール送信するという愚行であった。

どうやったら、

たった二日間の間に、

これだけ散らかせるのかっ!!!

隠しカメラでも設置して見てみたい!!!

そのショ~ゲキ画像がコチラ。

        ↓

        ↓

        ↓

Caiurbq9

アタシ、

このあと、

泣きながら掃除したのよ。

広島に一泊して帰ったら、

ドンナコトになってると思う???


お掃除オバサンの可哀想なアタシに「ポチ」願います。
   ↓
       
       
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2009年2月25日 (水曜日)

続・散々なヒトビト

前回からの続き~

ムスメの合格祝いに、
いっちょ
「カニ!」・・・とシャレこもうと計画した
「お気楽家の人々」は、
雨の中を「カニ」への期待を膨らませつつ、
車を走らせていた。

いよいよ目指す「岡山甲羅本店」の看板が見えると、
我々の期待感は益々高まっていった。

喰うゾ!カニを喰うゾ!!!

喰って喰って喰いまくってやる!!!

そんな意気込みを全身にみなぎらせ、
店の暖簾をくぐり受付へと進む「ヤル気マンマン家の人々」。

んがっ!

「只今、予約で一杯でして・・・

 2時間ほどお待ちいただく事に・・・」

な、な、な、

なんですとぉぉぉ~!!!

昼メシは質素に「雑炊」で済ませ、
今やお腹と背中がくっつきそうなほどの空腹感に見舞われている
「腹ペコ極限家の人々」にとって、
2時間待ちなどありえないっっっ!!!

「待てるかよ!2時間も!!!」
小声で悪態をつくムスメを「まあまあ、、、」
と、なだめ、
スゴスゴと駐車場へと引き返す「落胆家の人々」。

さあ、ドウスル???

まさか、こんな事態に陥るとは
予想だにしていなかった「楽天家の人々」は、途方にくれた。

アタシはアタマの中の「食いしん坊マップ」をパラパラとめくり、
「カニカニカニカニ・・・」と呟きながら、
脳ミソをフル回転させ「カニの店」の検索を開始した。

だが、

普段「カニ」とは全く無縁のアタシにとって、
どんなに脳ミソをフル回転させようとも、
有効な情報が引き出せるワケもなく、

こんな時は「アノお方」しかいないだろうと、
「歩く食べ歩きマップ」であるモンキーに電話を入れ、
「かに工房・岡山」の情報を得たのである。

よし!「かに工房」へ!!!

「イケイケ家の人々」は、鼻息も荒く「かに工房」を目指した。
最早、空腹は極限に達している。
もう一刻の猶予も許されない!

そして、

かに工房に到着した、「はよカニ喰わせろ家の人々」は、
殺気立った面持ちで店のドアを、、、

「すいません~

 本日は一杯でして~、

 カニ食べ放題なら出来るんですけど~

 会席や一品料理のほうはチョット~」

ぬぁぁぁぁ~!!!

喰い放題ってなんだよぉぉぉ~!!!

違う違う!
そんなんじゃないんだ!
確かにカニ喰い放題は魅力だよ。あぁ魅力的さ。

でもな、

今日はトクベツな日なんだよ。
別に喰い放題で元を取りたいワケじゃないんだ。
カニの足ばっかりいらねぇってハナシなんだ!
カニミソやらカニ寿司やらカニの刺身やらカニのステーキ、、、
そんなバラエチィに富んだ「おカニ様」を拝みたいんだよ。

ま、

ここダケのハナシ、
アタシはもうこうなったら「喰い放題」でもエエか???
と、思っていたのだが、
本日の主役であるムスメが首を縦に振らないんだ。

これは全くの誤算であった。
まさかこれほどまでに「カニ喰う家の人々」が巷に溢れているとは。
もしかして、アレか?
みんな「黄金伝説」を観たのか?
それとも、「ムスメ・ムスコの合格祝い」が流行っているのか。。。

またもや門前払いをくらった「ダブルパンチ家の人々」は、
スゴスゴスゴスゴと車に戻り、

「どうする?倉敷まで行ったらあるけどな。」
「いや、カニはどこも一杯や思うデ。
 じゃからヤキニクにしときゃ~よかったんじゃ!
 わしゃ~倉敷まで行く気はねぇ!!!」

夫が軽くキレ始め、
キレ始めた夫に、
「そんなん言うちゃるなや!
 今日はムスメの祝いやのに、その言い草はなかろう!」
と、アタシもキレ始め、
ムスメはブ~タレてフテ寝の態勢に入り、
見かねたデコちゃんが、
「カニはなあ、
 おばあちゃんが定額給付金が出たら連れて行っちゃる。」
と、アテにもならない給付金の事を言い出し、

このままでは、

カニ如きで家庭崩壊の危機をむかえそうな、
キレた夫が手近なラーメン屋でお茶を濁しそうな、

そんな予感がヒシヒシとしたので、

ムスメに今日はカニを諦めさせ、
次回は予約を取ってカニに臨もう!
と、リベンジを誓い、

Img_3390 Img_3391

Img_3392 どうにか事なきを得たんだけど、

家に帰ったら、

長時間の留守番させられた腹いせか、
アホ犬が居間に「ウンコ」と「シッコ」をしてやがったよ。トホホ。

みなサマもカニ喰う時は、
「ご利用は計画的に」したほうがエエよ。

順位もトホホ。「ポチ」して。       
        ↓

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

2009年2月23日 (月曜日)

散々なヒトビト

ムスメが合格したことにより!

晴れて「お気楽家の人々」となった我々は、
「浮かれポンチ」になっていた。

中でも夫のポンチぶりは甚だしく、
ムスメが放課後図書館で勉強していると知ると、

「なんで???

 合格したんじゃから、

 もう勉強やこ~、せんでもエエがん!」

などと、言い出す始末である。

アホか。

サスガ、留年したヤツは言う事が違うな。
と、呆れかえるばかりである。

さて、

そんな浮かれポンチの夫が、
ムスメの合格にかこつけて、
「いっちょ、スキヤキでお祝いしようじゃないかっ!」
と、言い出した。

「スキヤキ」「ステーキ」と言えば、
喰い道楽のJさん(舅)が死去して以来、
我が家では幻となったメニューであるが、
どうやら夫のヤツ、「スキヤキ」が食べたくなったらしい。

フムフム、「スキヤキ」か・・・
久しぶりにウシのニクとやらに舌鼓を打ってみたいものだ。
・・・と、危うく夫の口車に乗せられそうになったアタシであったのだが、

イヤ、まてよ、、、

ムスメの目出度い合格を、
スキヤキ如きでお茶を濁されてはかなわんと思い直し、

「アホ抜かせ!スキヤキなんてケチくさいことを言うな。
 パァ~っと豪勢に『ヤキニク』にでも行こうじゃないかっ!
 アノ、普段は見て見ぬふりをしている、
 『○ンボー○』とシャレこもうゼ!」

と、提案してみた。

そう、

近所にありながら普段は近寄ることさえ許されぬ、
焼肉屋「○ンボー○」。
この「ビンボ~家の人々」憧れの店へ行くことにしたのである。

そして、

待ちに待った日曜日(昨日)がやってきた。

「いやしい家の人々」は朝から
「今日の夜はヤキニクだ!」と浮足立っていた。

美味しいヤキニクをより美味しく食べるためには、
腹を空かせておく必要がある。

そこで昼メシは質素に「雑炊」と決めたアタシは、
茶碗2杯ほどの冷メシにドボドボと水を入れ、
豆腐をブチ込み大根を入れ、
ついでにモチも投入し、
辛子明太子でアクセントをつけたのち、
仕上げに玉子二個と彩りに大根葉を散らせ、
「闇鍋」のような雑炊を完成させ家族にふるまったのである。

これが、ことのほか好評を博し、
デコちゃんには、「おいしい!おいしい!」と大絶賛された。

・・・ったく、

普段、どんなモン喰わせてんだ???って話だ。

さて、

「雑炊」で腹を満たした「満腹家の人々」は、
ムスメとのかねてからの約束であった、
「推薦で合格したら、ケ~タイ買うちゃる!」
を果たすためケ~タイショップへと出かけ、
家族全員が晴れて「ホワイト家の人々」(デコちゃんも含め)
となったのである。

ケ~タイを買い帰宅した我々は、
「雑炊」しか食べなかったせいで
「ひもじい家の人々」と化していた。

そんな、ひもじい気持ちを紛らわせるために
TVを見ながら「グウタラ家の人々」に成り下がった我々。

・・・と!

「黄金伝説」の再放送で、
「かに道楽のメニューを食べ尽くす!」
を見ていたムスメが、

「ニクよりもカニが喰いてぇ!!!」

・・・と、言い出したのであった。

カニと言われれば
黙っちゃいられない程の「カニ好き」であるアタシは、
ムスメの提案にホイホイと賛成し、
早速ネットにて「カニの店」を検索し、
ムスメと二人でカニ会席の写真を見ながら生唾を飲みこんだ。

最早「脳ミソ」が「カニミソ」になってしまった我々は、

「晩メシはカニ!!!」

と、叫び、急遽予定を変更したのである。

そしてイヨイヨ!

「腹ペコ家の人々」となった我々は、
カニ料理を堪能するため夜の街へと繰り出したのであるっ!

だが、しかし、

このあと我々を待ち構えていたのは、散々な出来事であった・・・

続く!!!

順位も「散々」。「ポチ」して。       
        ↓

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ
 

       

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年1月14日 (水曜日)

アレを買いに行くアホ家族(今日は長いよ)

前回の記事で「デコちゃんのザクロ」を暴露し、
今年のブログテーマである「チラリズム」ってヤツを
早くも破ってしまったPOKIだが、

本日の記事は、
ブログテーマ
「モロ出し!」
・・・に変えた方がえんじゃね???

ちゅ~くらい、
「オマエとこはアホ家族か?」的な内容でして、
正直、書こうかどうしようか迷ったんだよな。

でも、考えてみたら、
それほどでもねぇや!・・・って結論に至り、
こうして書くことに決めたワケなんだが、

コレを読んだ「愛犬家」の皆さんは、
チョット引くかもしれんな。

オマエとこはイヌとか飼わん方がエエ!
飼い主失格!いや、人間失格や!
言われるかもしれんけど、
なんせ、イヌを飼うのは初めてでしt・・・

え?ナニ?

ウダウダ云わんでエエから、本題に入れ?

へぇ、それなら、

恥ずかしいので小さい痔で字で書きますケド、

「うちのイヌ、精力絶倫ですねん。」

え?小さすぎて見えませんか?

「うちのイヌ、精力絶倫ですねん。」

え?老眼なんでまだ見えへん???

・・・・・・・

「うちのイヌ、

 精力絶倫ですねん!!!」

えぇ、もう、
ちっちゃな頃から悪ガキで、
15で不良と呼ばれたかどうかは知らんケド、

チェッカーズ/絶対チェッカーズ!!(CD) チェッカーズ/絶対チェッカーズ!!(CD)
販売元:ぐるぐる王国CD館 ヤフー店
ぐるぐる王国CD館 ヤフー店で詳細を確認する

とにかく、
ちっちゃな頃から絶倫なんス。
ちっちゃくても、
たちまち「おっきく」なっちゃうんス。アレが。

でも残念なコトに、「童貞」ですねん。
生身のオンナを知らんのですワ。

極度の「イヌ見知り」だもんで、
イヌ友達すらおらんので、
○○○フレンド的なお嬢さんもおらんワケで、

専ら「ぬいぐるみ」で、コトを致しておるんです。
所謂、「ダッチ○○○」ですわな。

我が家には年頃のムスメもおるし、
「これじゃあイカン!」と思ったので、
いっちょ「去勢」とやらをしてみようか?
と、提案したんですけども、

「同じオトコとして、ソレは忍びないモンがある。」
と、夫は沈痛な面持ちで反対するし、
「一応、血統書もあるし、
 種イヌにしたらカネがもらえるで!」
と、デコちゃんは言うし(結構、エゲツナイ)

愛犬が「ぬいぐるみ」相手に腰振る様を、
なす術もなく見守る毎日なんス。

で、
我が家では「ダッチくん」の愛称で親しまれている
「ぬいぐるみ」なんですけど、
なんせ、うちのイヌ、絶倫なもんですから、
すぐに使いモンにならなくなるんですワ。

初代ダッチくんの「ピカチュウ」なんか、
目玉は取れ、内臓(ワタ)はみ出るわ
そりゃ~酷いモンでしたな。

でもって、
同じトコロをペロペロ舐めるもんで、
もうとてつもなく「くっせぇ~!」し、
不衛生じゃないですか。

だもんで、

定期的に買いに行くんですよ。
「ダッチくん」を。

で、先日も、
「そろそろ買い替え時やな。」
ってコトで、

アホ家族がアホヅラ下げて、
リサイクルショップで物色するワケです。

娘: 「コレなんかどう?」

POKI: 「う~ん、大きさ、形はエエけど、
 アカンな!縫製が甘い!一日でボロボロや!」

POKI夫: 「おっ!コレ、えんじゃね???」

POKI: 「ふむ・・・いや、アカン!
 高いわ!値段の折り合いがつかん!」

今や「行きつけ」となったリサイクルショップにて、
大きいだの小さいだの、
縫製が甘いわ、値段が高いわ
言いながら、
真剣に「ぬいぐるみ」と対峙している
アホヅラ家族を目撃してみ。

引くで。

そして今回、

数々の審査を経て、
見事何代目かの「ダッチくん」に抜擢されたのは、

        ↓コチラ。

Img_3332 あ~、ピカチュウ可哀想!

とか言わんとって、アタシかて辛いんやで。

えぇ、

今回は、ちぃ~と「大柄」な彼女
(いや、ピカチュウは男か?)やけど、

どうやら気に入ってくれたみたいデス。

ちなみに、

デコちゃんも、
この「ダッチくん探し」にはエライ協力的で、
デコちゃんの姉宅で、
ひ孫の忘れて行ったぬいぐるみを、
「いらんのじゃったら、ちょうでん!」
と、貰い受けてきて、

「エエじゃろ、コレ!大きさも形もピッタリよな。」
「あ~エエですね~、お義母さん!
 コレならLEOも喜ぶわぁ~!」

「オホホホホ!」

「アハハハハ!」

・・・などと、

嫁姑で、「ダッチ談義」に花が咲くこともある。

どう?マイッタ?

この和気あいあいの、
絵に描いたような家庭円満の図。

ギスギスした家族関係に、
悩んでおられるみなしゃん。

お宅も「イヌ」飼ってみなはれ。

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ
        ↑
「ポチ」も押してみなはれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年8月11日 (月曜日)

デコちゃんの事

「ジデジになったら、

 アナグロのテレビは、

 見れんなるらしいな!」

こんな言葉を唐突に、

姑に言われてしまったら・・・

嫁は一体どのようなリアクションをとるのが、

正解なのであろうか・・・

「♪~ジデジ~ハナヂ~夫はイボジ~♪

 ♪~アナグロ~ガングロ~

 三遊亭楽太郎~ハラグロ~♪」

などと、

ジョイマンのように、
気持ち悪いラップを歌えばよいのか?

・・・このように、

デコちゃんはカタカナに弱いオンナである。

ある時は「チルド」を「チドル」と言い、
「チャット」を「キャット」と言う。

キャットって猫かっっっ!

また、ある時は、

「タラバ蟹」を「タバラ蟹」と言ったりもする。

惜しい!!!

しかも、「タラバ蟹」は日本語だ。

大丈夫か???デコちゃん。

また、

言い間違いではないが、

「徳永英明」の歌声を、
「森進一か、思うた。」・・・と、言ってみたり、

「コブクロ」の黒田クンを、
「玉置浩二か、思うた。」・・・と、言うたりする。

この話しをめがねざるにすると、
「コブクロの黒田クンを玉置浩二と言うんは、
 ええセンいっとると思うで。似とるもん。」
と、言うのだが、
アタシには、ええセンいっているとは思えない。
むしろ、めがねざるの視力を疑いたくなるぐらいだ。

デコちゃんは、芸人の名前を覚えるのも苦手だ。

「たむけん」を「フンドシのオトコ」と言い、
「小島よしお」を「パンツのオトコ」と認識している。

「世界のナベアツ」のギャグは、
「面白うねぇ!!!」と、一刀両断し、
「エド・はるみ」は、
「変な顔するから嫌い!!!」・・・らしい。

そんな、デコちゃんだが、

竹下登の孫が、
「DAIGOとか言うんよな。」・・・と知っている。

・・・ちょっと、侮れねぇ!!!

※デコちゃんは、
 「キモノのオトコ」が「波田陽区」だと知ってはいるが、
 彼が「ギター侍」と呼ばれていたことは知らない。

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ
        ↑
デコちゃんアッパレ!
・・・と、思ったら「ポチ」を。
        

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2008年7月 5日 (土曜日)

地球に優しくない輩たち

7月7日は、

「クールアースデー」やないか~い!!!

そして、7月7日と言えば・・・

七夕やないか~い!!!

さらに、7月7日と言えば・・・

スタレビの曲のタイトルにもなっとるわ~い!!!

・・・っちゅ~ことで、

本日の記事の大文字の箇所は、

髭男爵風に読んでくれや~い!!!

ルネ~サ~ンス!!!

ま、こんなカンジで、

ツカミはオッケ~やね~ん!!!
・・・(て、ホンマか???)

さて、

話題を冒頭部分に戻すと、
7月7日は、「クールアースデー」。

これは、
地球温暖化対策を考える日ということで、
環境省では2003年から、
温暖化防止のため夏至の日の夜に
「CO2削減・ライトダウンキャンペーン」を実施しているが、

今年は、夏至の日の6月21日はもちろん、
G8洞爺湖サミットが開催される初日の7月7日を
「クールアースデー」と定め、
夜8時~10時の間、家庭や施設、事業所などで、
一斉に電気を消す「七夕・ライトダウン」が展開されるのである。

七夕の夜は電気を消し、
天の川を眺めながら、地球環境の大切さを再確認しようということである。
(この時、スタレビの「7月7日」をBGMにすれば、
 雰囲気もグっと盛り上がること請け合い!・・・って、ホンマか?)

今や「地球温暖化対策」は、人類にとって可及的な課題であり、
また、温暖化に限らず、
地球の未来を考えるという意味において、
エコロジーに対する企業の取り組みはもちろん、
国民の意識というのもかなり高まりつつある。

かくいうアタクシも、

ゴミの分別、及びリサイクルに努め、
エコバッグを持ち歩き、(ごく最近、だけど。しかも、よく忘れる。)
生ゴミは家庭菜園の肥料にしたり、
クーラーの温度設定は28℃。
電気をこまめに消す。
ふろの残り湯を菜園の水やりに使う。

など、

自分で出来るエコを実践しているつもりである。

そんな中!

エコとか、そんなんどぉ~でもエエわ~い!!!

・・・などと、思っとんちゃうんか?コイツら。

というような、不届きな輩が我が家族にいるのである!
これは、まっことに嘆かわしい限りだっ!

アタシは、声をにして言いたい!

オマエら、地球の未来の事とか、

たまには真剣に考えたらどないやね~ん!!!

いやいやいや・・・
今日はほんの少し長くなりそうだが、
お時間のあるヒマな方、ちょっと、聞いとくれ。

それは、昨晩のことである。

夕食後、所用のあったアタシは、
午後7時頃に外出し、9時前に帰宅した。

すると!

クーラー3台も稼働しとるやないか~い!!!

一階の居間では、デコちゃんがテレビ見ながらギンギン。
二階の居間でも、萌えオタがパソコンしながらギンギン。
そして、離れの書斎では、アホ夫がうたた寝しながらギンギン!

しかも!

設定温度が28℃やないねんな~!

オマエら、大概にせぇよぉ~!!!

ルネ~サ~ンス!!!

・・・って、ちゃうがなっ!

ホンマ、頼むわ。
電気代かて上がっとんねん。
我が家はクーラー3台も稼働できるほど、裕福な家庭ちゃうねん。

お願いやから、2台までにしてくれへんかな?
そして、設定温度は28℃を遵守してくれや。
クーラーひとり1台って!
お大臣かっ!殿様かっ!
どんだけ、モチカネやねん!

まっ、ぶっちゃけ言うと。

地球にやさしいエコライフは、さておき、

とりあえず、

我が家の家計のこと考えろや~い!!!

・・・っちゅ~事ですわ。

どうせ、アホ夫のアタマの中なんて、
エコはおろか、


エロのことぐらいしか

あれへんのちゃうか~い!!!

・・・ところで、

地球にやさしい取り組みを実践しているアタシであるが、
夫には、おもいっきり冷たい態度で接しているのである。

実は昨日も、

夫にはナイショで、

娘とケーキ食べたったわ~い!!!

Img_9572

        ↑証拠写真。

つ~か、

ダンナにエクレアぐらいやったらどぉ~やね~ん!!!

ひとり2個ずつて、アンタ・・・

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ
       
コチラ、「ポチ」の方はお一人様「4ポチ」やね~ん!!!

※ 「髭男爵」の画像はコチラから。
           ↓

http://jp.youtube.com/watch?v=UUPghH2UEEM

そして、スタレビの「7月7日」が入っているアルバムは、コチラ。
           ↓

Moody Blues Music Moody Blues

アーティスト:スターダスト・レビュー
販売元:ZETIMA
発売日:2006/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年5月20日 (火曜日)

「ひとつ屋根の下」・・・POKI家の場合

<本日のどぉ~でもエエ・POKIニュース>

「ところてん生活・二日目」にして

もう飽き飽きだよっ!

「ところてん」はっ!

あぁ・・・見るのもイヤだ、「ところてん」なんて・・・
でも、体重は少し減っている。
(実は少し前から、おやつとかセーブしてた。)

・・・とりあえず、

自分を鼓舞するために、

「♪~やるならぁ~今しかねぇ~♪」

・・・と、歌ってみる。
黒板五郎さんのように。(by 北の国から)

・・・実はアタシ、「北の国から」の大ファン!!!

アレはいつ見ても、何度見ても泣けるんだよぅ~。

イイネ、「吉岡秀隆
         

当ブログのアクセスアップのキーワードなので、とりあえず挿入。

Img_7105_2 ところてんだけでは飽き飽きなので、このような物を食してみる。
カロリーゼロなのに、美味いっ!!!

・・・さてと、

え~、前回「御馬」さんからご要望のあった、
「POKI夫」の所属&肩書を記事にするため
本日は、POKI家の家族関係を記してみたい。

まずは、

・「POKI」

所属については、前回記したので省略。

言わずと知れた、このブログの編集長。
只今、温泉ツアーに向け、「ところてんダイエット中」。

・「POKI夫」

<所属> ・全国熱血リ~マン組合・印刷業界部門
       ・世界ドM連合・アジア支部
       ・イボ痔撲滅同盟
       ・日本恐妻家連盟
       ・亭主関白復活を願う会
       ・熱唱!YAZAWA塾
       ・ちょっと、カッコつけて「JAZZが好き!」
        とか、言うてみる会
       ・アンチョビ知らんのに「アンチョビピザ」
        とか、頼んでみる会
       ・みかけだおし同好会
       ・嫁の尻敷かれに甘んじる会
       ・海辺で貧相な裸体を晒し隊
       ・生チョコを熱く語ろう会

POKIの夫である。

結婚当初は「亭主関白」を目指していたが、
いつの間にやら、嫁の尻に敷かれるようになった。
これにより、「M」に目覚め、自他共に認める「ドM」となる。

カラオケに行くと「YAZAWA」を熱唱し、日頃のウサを晴らす。

口癖は、
「お母さん(アタシの事)て、カワイイなぁ~!」。
    ↑
どうやら目を病んでいる模様。

嫁が何をしようと、基本的にはノープロブレムだが、
帰宅時間が遅いと、安否を気遣い
「早く帰っておいで。」と、
ラブメールを送りつけてくる、メイワクなヤツ。

一応「JAZZが好き」とか、言うてるが、
「何で好きなん?」と聞いてみると、
「イヤ、カッコエエがん。JAZZ好きて。」と、
意味不明の事を言う。

何事も形から入るタイプで、
料理もしないのに、「ペッパーミル」とか欲しがる。

「POKI夫」については、語ればきりがないが、
今日の所はこれぐらいにしといてやろう。

・「萌えオタ」

<所属> ・岡山市立・萌え萌え中学(略して「萌え中」)在学中
       ・生徒会生活委員会・委員長   
       ・美術部(・・・と、本人は言うが、実はマンガ部)
       ・アニソン同好会
       ・じゃがりこ&ポッキー大好きっ娘倶楽部
       ・おかんに暴言を吐く会

アタシの娘であり、現在岡山市立某中学の3年生である。

本来「萌えオタ」とは、
キャラ萌えで作品を楽しむ男性を指すらしいが
このブログでは、あえて「萌えオタ」と呼ぶ。

受験生でありながら、
毎日遊び呆け、休みの日ともなると
パジャマで一日中過ごす、かなりのグウタラ者。

趣味はパソコン。
ネットラジオで「萌え語」を喋る、バイリンガル。
時々、訳のわからん「小芝居」みたいなこともやっている。

口癖は、
「うっせぇ!クソババア!!!」
      ↑
この暴言がアタシの逆鱗に触れ、娘との喧嘩が絶えない。

・「デコちゃん」

<所属> ・全日本おたんこナース協会・OB
       ・世界黒幕連合・アジア支部
       ・グランドヨボヨボゴルフ同好会
       ・役にも立たない料理教室・受講生
       ・愛犬に見くびられる会
       ・「アタシの眼の黒いうちは、
        嫁の自由にはさせへんでぇ!」
        と、息巻く姑の会(長ぇ!)

アタシの姑である。

元看護師であり、めがねざるとは同僚であった。

普段は滅多に権威を振りかざすことはないが、
実は影の司令塔であり、POKI家の黒幕的存在である。
(しかし、LEOには思いっきりナメられている。)

趣味はグランドゴルフ。

婦人会の副会長をしているため
その関係で「料理教室」に入っているが、
本人曰く「アタシは料理は嫌い!」とのことで、
その腕前は全く披露されることはない。

・「LEO」

<所属> ・ジャパンケネルクラブ、アホ犬部門登録犬
       ・無駄吠え委員会
       ・飼い主を見くびる会
       ・隙あらば、自分がリーダーになりたい犬の会

我が家の愛犬。
ミニチュアダックスフント(ブラック&タン)の♂、3歳。

夫が知人の知人より3万円で買った格安犬であるが、
一応、血統書付き。
(ずうずうしい夫は、「タダでくれっ!」と交渉していた。)

イヌを飼うのが初めてという
ズブの素人の家に来たため、ロクな躾も受けず、
見事なまでの「アホ犬」に成長。

盗み喰い、かっぱらいの常習犯だが、
愛くるしい容姿で家族全員を虜にし
夫に、「実の娘よりカワイイ!!!」
と、言わしめるほどの「アイドル犬」である。

※オマケとして、3年前に他界した舅の「Jさん」がいるが、
  もう面倒臭ぇので省略。
Img_1_2
     

昨日、「ポチはお休み」
などと、仏ゴコロを出したばっかりに、順位が急降下中である。

本日は気合を入れて、ビシバシ「ポチ」して欲しい。
          ↓    

       
       
       
       
 

にほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へにほんブログ村 お笑いブログへ人気ブログランキングへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007年11月 2日 (金曜日)

実録「生チョコ事件」(その3)

生チョコ事件の続きを書く前に・・・

昨日夫から、
「萌えオタ(娘)に、風邪をうつされた!熱があるみたいじゃから早退する。」
と、電話がかかってきた。

チッ!こちらは「小躍り祭り」の真っ最中だというのに!
(注:小躍り祭りの詳細は、後日掲載予定。)

しかも、夫のヤツ、

「オメーの弁当食ったらとたんに調子が悪うなったわ!
 喉がプクーっと腫れたでぇ!オメー、ワシの弁当に毒盛ったんじゃねん?」
と、抜かしやがる!

アホ、抜かせ!

そんな人聞きの悪ぃ事、会社から電話してくんなよ!
どんな鬼嫁か、思われるやん。

言うとくけどな~!
オマエに毒盛って、アタシに何の得があるんじゃい!
死亡保険金で遊んで暮らせるほど保険なんて掛けてへんわ!
オマエには馬車馬のように働いてもらう方が
よっぽど得策じゃい!!!

夫はその後病院に行き、辛気臭い顔で帰ってきた。

どうやら喉がプクゥ~っと腫れたのは、
唾液が出る腺に細菌が入ったとのこと。

ホレ見ろ!
アタシが毒を盛った訳ちゃうがな!

夫は、
「朝から喉に違和感があったんよな。」
と、言うのでアタシは、


「チャラチャッチャチャラッチャ~!
 
朝から喉にぃ~違和感があるぅぅぅ~!」

と、ムーディの
「後頭部に違和感を感じている男の歌」の替え歌を歌ってやった。

ムーディの動画はこちらから
         ↓

http://www.youtube.com/watch?v=Rv3NMK1BZeY

こんなアタシ、鬼嫁ですか?

さてさて、「生チョコ事件」の続きでしたね。
今日は、長くなるかもよ。
皆さん、メシ食ってトイレは済ませて、覚悟してから読んだ方がいいかもよ。

・・・前日、生チョコのお預けをくらった夫は・・・

今日こそは生チョコを食べるぞ!
と、またもや早々に入浴を済ませ、喰う気満々で2階に上がってきた。
手には勿論、スコッチウヰスキー。

「さあ!お母さん生チョコを食べよう!!!!」
夫は意気込んでそう叫んだ。

夫のテンションについていけないアタシは、
まるでやる気のない声で
「はぁ???生チョコ???食べるん???
 本当に???今、そんな気分じゃねえけど・・・
 まあ、娘が食べる言うたら食べてもええけどぉ・・・」
と、テンション低めに答える。

「ホンマ?萌子が食べる言うたら食べてええ?
 萌えちゃぁ~ん!チョコ食べる?生チョコ!!」
と、別室でパソコンに興じていた娘にお伺いをたてる夫。

娘はどうやらチョコを食べてもいいと言ったらしく、
「お母さん!萌えちゃん食べる言うたで!!
 早う出してん、生チョコ!!!」
と、必死の形相でアタシにチョコを出せと迫ってくる。

あぁ・・・なんて面倒臭ぇオトコだ。
たかが生チョコごときでこんなに熱くなるなんて。

アタシはシブシブ階下に降り、
夫が欲してやまない生チョコを手に2階へと上がっていった。

夫は期待に胸を膨らませ、
アタシが包装紙を開け始めると熱い視線を送ってきた。
そして、
「えぇ~っと・・・20個あるな。一人7個ずつで、1個足りん。」
と、素早く計算まで始めた。

アタシは夫の目の前でチョコを7個ずつに分け、
1個足りないのでアタシが6個で我慢した。
どうだ!優しいだろう!

「ホレ、喰え!」
アタシはまるで動物に餌をやるように夫の前にチョコを差し出した。

すると、夫は、

「爪楊枝ねん?爪楊枝!」
と、言うではないか!

爪楊枝?・・・あぁ・・・チョコに付いてたアレね。

           コレ
            ↓
Img_3724

あいにく爪楊枝とやらは一つしか付いていなかったため
アタシはそれを娘に渡したのだ。

すると、夫はまたもや、

「爪楊枝ねん?爪楊枝!」
と、アタシに爪楊枝を取ってくるよう催促してきた。

あぁ!どこまでも面倒臭ぇオトコだ!

アタシは爪楊枝を取りに階下へ降りる気などさらさらなかったので、
「手づかみで喰うたらええがな!こんなモン!」
と、豪快にチョコを鷲掴みにすると、夫の目の前で我が口に放り込んだ。

どうだ!見たか!この豪快な喰いっぷりを!

しかし、夫はまたしても、

「なあ?爪楊枝ねん?爪楊枝取ってきてん!」
と、アタシに催促するではないかっ!

ええ加減にせえよ!
たかが爪楊枝ごときでガタガタ抜かしおってからに!
爪楊枝で喰わねばならぬほど、オノレの口はお上品だとでも言うのかっ!

手づかみで喰うたらええがな!
生チョコごときでカッコつけるんじゃねぇ!

そりゃ~、アタシだってオシャレなBarかなんかで生チョコでも出てきたらお上品に食べるさ。
でもここは、オシャレ度ゼロのボロ家の2階ではないか!
何をカッコつける必要がある!
手づかみで喰うたらええがな!

アタシはまたしても、夫の目の前でこれ見よがしに豪快にチョコを口に入れた。

しかし夫は、まだしつこく爪楊枝を寄越せとアタシに迫り、
アタシが少しでも動く素振りを見せると、
「あ、台所行く?なら、爪楊枝取ってきてん!」
と、喰い下がる。

こうなれば意地でも爪楊枝なんて取りに行きたくない!

試合はついに延長戦へと、もつれ込んだ。
(え?これって試合だったのか?一体何の???)
両者、一歩も譲らず睨み合いが続く。

しかし、その時!

ついに夫が動いた!!!

根負けした夫は、自らの足で爪楊枝を取りに行ったのである。

やった!勝った!

Winner POKI!

・・・これが「生チョコ事件」の全真相である・・・

以来、夫は妹達から

「生チョコと真剣に向き合うオトコ」

と、呼ばれている。

そんな、「生チョコと真剣に向き合うオトコ」は、
風邪のため会社を休み、辛気臭ぇ顔で寝込んでいる。

しかし、さすがに「チョコと真剣に向き合う」だけあって、
仕事は休んでも、熱があるのにマカダミアチョコを喰っていた。

恐るべし!

「生チョコと真剣に向き合うオトコ」!

頼むからその情熱を仕事に向けてくれ!

| | コメント (4) | トラックバック (1)
|

2007年11月 1日 (木曜日)

実録「生チョコ事件」(その2)

この事件は、北海道土産を貰ったことに端を発する。

北海道に行けなかったアタシとりらっくまを気遣い
奴等は実に様々な土産をくれた。
ジャガバター、玉ねぎドレッシング、富良野ポテトチップス、おかき。
それに、おかんからは蟹!

そして、その土産の中に問題の「生チョコ」があった。

うちの夫は無類の「チョコ好き」である。
アタシは夫の「チョコ好き」を知っていたので、
「北海道の土産に生チョコを貰ったよ。」
と、言った。

案の定、夫は喜んだ。

「なにっ!生チョコ!それはええモン貰うたなぁ~!」

その喜びようは、アタシの想像の範疇を超えていた。
夫は、初めて火を見た原始人かと思うぐらいに喜んでいた。

アタシは少したじろいだ。
そして、夫に注意を促す。

「勝手に一人で食べんでよ!みんなで分けるんじゃからなっ!」

・・・アタシがこう言うのには訳がある・・・

そう、あれは、アメリカで台風が猛威を振るった年だったと記憶している。

アタシは、めがねざるから出張のお土産にと「おかき」を貰った。
アタシは無類の「おかき好き」である。
土産のおかきを一人で食べてしまおうかと
邪な考えが頭をよぎったが、
そこはアタシも分別ある大人である。

「めがねざるからおかきを貰ったから食べていいよ。」

アタシは夫にそう言い置いてその日は早く床に就いた。

さて、翌朝・・・

居間に足を踏み入れたアタシは、我が目を疑った!
一瞬アタシは、アメリカの台風が我が家に上陸したのかと思った。

そこには・・・

無残にも喰い散らかされた「おかき」の包装紙が、
テーブル一杯に散乱していたからである。

なんなんだ???一体何が起こったというのか!

寝ぼけた頭を必死に働かせ、アタシは事態を悟った。
夫のアホが、「おかき」をほとんど喰い尽くしてしまっているという事を。

楽しみにしていた「おかき」を喰い尽くされ、
アタシは悲嘆に暮れた。

あぁ・・・アタシの「おかき」が・・・
ヒドイ・・・ひどすぎる・・・こんなことって・・・

・・・以来・・・

『土産を貰ったらみんなで仲良く分けて食べる事!』

これを我が家のルールと定め、
皆がこの決まりを遵守するように眼を光らせてきたアタシである。

・・・さて・・・

思わぬ「生チョコ」の登場に狂喜乱舞した夫は、
早々に入浴を済ませ、スコッチウヰスキー(これも頂き物である)を片手に2階に上がってきた。

夫の楽しみは「寝酒」である。

「さあ!生チョコを食べよう!」
夫は意気揚揚とそう言い放った。

しかし・・・

「今日は生チョコは食べんよ!」
と、アタシは冷たく言い切ったのである。

それは、何故か?

娘が歯磨きを済ませ、すでに寝る準備をしていたからである。

ならば、

夫にだけ「生チョコ」を分け与え、
娘には翌日食べさせればいいではないか。
折角楽しみにしているのだから。

しかし、

アタシは少し「S」の気があるオンナである。
夫が食べたくてたまらない「生チョコ」を焦らせる事に快感を覚えたりするのだ。

アタシはもう一度夫に言い切った。

「今日は食べんよ!みんな揃って食べようや!」

「チェッ!」

夫はまるでガキのように舌打ちをした。
いや、奴の精神年齢はまったくもってガキと同じである。

夫は喰いたくてたまらない「生チョコ」のお預けをくらって
何かブツブツと言っていた。
「ドS」のアタシはそれを横目で見ながら快感に浸っていた。

たとえば・・・

「なにぃ~!ウルサイ!ワシは生チョコを喰うぞ!喰うと言ったら喰う!」
などと夫が、アタシの忠告を無視したとしよう。

・・・間違いなく血を見ます・・・

我が家の法律はアタシなのだ!
アタシに逆らうことは誰人足りとも許されないのだ!
(そんなアタシだが、デコちゃんには弱い・・・)

そんな訳で・・・

夫はその日「生チョコ」を喰う事は叶わなかった。

果たして翌日、夫は無事に「生チョコ」を喰うことが出来るのか?

続く!Img_3521

アタシの今イチオシの北海道土産はコレ!
えっ?ポテチにチョコ???邪道やん・・・
と、お思いのアナタ!
騙されたと思って食べてみてください。
ポテチ好きのアタシが言うんだから間違いないです。
めっちゃ「旨し!」です。

ネットからの購入も可能です。

ロイズコンフェクト・ポテトチップスチョコレート

http://www.royce-confect.co.jp/items/potato/index.php

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧