カテゴリー「スピッツ」の記事

2018年2月 8日 (木曜日)

続々続々続、フェスるオンナ

〜前回からの続き〜
さて、
Lステージのある5号館に潜入した我ら。

Lステージは思ったより広い。

ステージ上では「LAMP IN TERREN」の演奏が始まっていた。

読み方は「ランプ イン テレン」。

2006年に結成された、日本の4人組ロックバンド。2015年A-Sketchからメジャーデビュー。
バンド名はラテン語の「terra(星、大地)」を捩った造語で
「この世の微かな光」という意味が込められている。

...らしい。

実は初めて聞く名前のバンドだったので、
この記事を書くにあたり調べてみた。

Vo.の松本クンはなかなかのイケメンである。

メジャーデビューが2015年とまだまだ新しいバンドなので、
認知度も低いのか、
フロアはかなりガラガラだった。

しかし、
ロッキング・オンが主催するアマチュア・アーティストのコンテスト第13回『RO69JACK』の優勝者だそうで、
これからが楽しみなバンドである。

バンド名さえ初めて聞くものだったので、
楽曲は全く知らなかったのは申し訳なかったが、

松本クンが、
「僕らの今の実力ではこのステージに立つのは早いと思うが、
この様な機会を頂いた事に感謝している。」
という様な事を言っていたのがとても好感が持てた。

これから売れていっても、
この気持ちをずっと忘れずにいて欲しい。

そして、
今いるファンもこれからファンになるであろう人たちも、
大切にして欲しい。

ファンあっての自分たちだということを肝に銘じて。

って、
ずいぶん偉そうに言うよな。
何様のつもり???

「LAMP IN TERREN」セトリ

1、緑閃光
2、innocence
3、花と詩人
4、涙星群の夜
5、キャラバン
6、地球儀

さて、
フロアはかなり余裕があったが、
やはり屋内ということもあり、
ジャンパーやもろもろ着ていたので暑くなってきた。

しかし、
この後の「THE BAWDIES」を観なくてはいけないので、
外に出るわけにも行かず、
ジャンパーを脱ぎ、シャツも脱ぎ、
オバハンの動向など誰も見ていないと思うので、
30/50Tシャツの下に着ていた、
長袖のTシャツまでも脱いでしまった。

いや、
そりゃ、ガバァ〜っとモロ脱ぎしたわけじゃないよ。

いくらオバハンでもその辺の羞恥心はあるので、
コソっと脱いだがな。
とても人目に晒せるようなカラダではないので、
見えんようにコソっとな。

ワタシがコソコソと服を脱ぎ、
Tシャツ1枚になった頃、
いよいよ、
「THE BAWDIES」のステージが始まった。

到着して直ぐに5号館までやって来たので、
荷物もそのままで、
ガッツリ観たいモレノはステージ前へと移動し、
ワタシは荷物番をしながら端っこの柵の側で彼らの演奏を観た。

ワタシのいる場所はかなり余裕があり、
スピッツもこれぐらいの混み具合なら全然大丈夫そうだったが、
入場規制をしているのか、
振り返って見ると、
通路付近は割と混んでいた。

THE BAWDIESの楽曲も、
ワタシは全く知らなかったが、
途中、FM802のDJの方も登場しての小芝居なども披露して、
楽しく盛り上げていた。

「THE BAWDIES 」セトリ

1、IT’S TOO LATE
2、NO WAY
3、YOU GOTTA DANCE
4、LEMONADE
5、THE EDGE
6、HOT DOG
7、SING YOUR SONG
8、JUST BE COOL

見事に英語の曲ばっかりやなぁ。

行きの新幹線でとりあえず予習したのは、
「HOT DOG」だけだったが、
全然知らなくても十分楽しめた。

フェスに行くと、
普段は行かないアーティストのLiveが観られるのも良いな。

THE BAWDIESのステージも終了したので、
荷物を預けようということになり、
「ぼんのうクローク」とやらに移動した。

...というところで次回へと続く!


ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ


















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月29日 (月曜日)

続々続々、フェスるオンナ

〜前回からの続き〜

さて、
フンドシの紐をキリリと締め、
ココロで鳴り響く法螺貝の音を聞きながら出陣したPOKI。

しかし、
あまりに力み過ぎて、
モレノとの約束の時間よりもかなり早く岡山駅に到着してしまった。

とりあえず、
駅ナカのスーパーにてオニギリを物色してみる。

新幹線内で食べる分と、
フェス飯にありつけなかった時のためにと数個のオニギリを購入。

どんだけ買うねん。
オマエは裸の大将か。

オニギリを購入してもまだ時間はある。

だが、もうすることもないので、
モレノが到着するまで新幹線の入場口にて
でくのぼうの如く立ち尽くしてみる。

モレノ到着。
8:24の新幹線に乗る。

いよいよ旅の始まりだ。

車内にてオニギリやその他もろもろ食べながら、
(よう食うな。朝ごはんも食べたというのに。)
タイムテーブルを見ながら作戦を立てる。




とにかく怖いのは「入場規制」とやら。

先ずはモレノお目当ての「THE BAWDIES」を観る。

スピッツを観るためには、
クリープハイプ辺りから入るのが望ましい。

後はどのタイミングでグッズを買うか、
フェス飯はいつ食べるのか。

それと、
「スピッツ地蔵」が出現した!
などと2ちゃんで叩かれないように、
クリープハイプ、KEYTALKの盛り上がり曲を
YouTubeにて予習してみる。

THE BAWDIES初体験のワタシはこちらも予習。

因みに、
ここで言う「地蔵」とは、
「目当ての出演者をステージそばで見るために何時間も前から最前列付近に立ち続ける人たちのこと。ひいきの出演者が出てくるまで、目の前のステージで何が演じられても無反応で立ち続け、お地蔵さんのように微動だにしないことから皮肉を込めてそう呼ばれるようになった。複数の演者が順番に出演するフェスやイベントでは、最前列はそれぞれのファンに順番に譲りあうのがマナーなので、地蔵になるのは迷惑行為ととられる。」
の事であり、
まぁ、
最前列付近はどう考えたってムリだと思うが、
やはり他アーティストのステージを観る時でも
立ち尽くすのではなく
それなりに楽しむことがマナーだと思うので、
せめて代表曲ぐらいは予習しておくのが礼儀というものだろう。


そうこうするうちに新大阪到着。

地下鉄御堂筋線、中央線と乗り換え、



遂に到着したがな「インテックス大阪」!!!
(いや、ここまで長かった!
いつになったら書けるんか思うた。)

周りの若者達に習って、
オバハンも記念に撮ってみる。



目から上だけやったら案外若く見えるな。
もちろん「スノウアプリ」使うとるけどな。

さぁ、
写真も撮った事だし、
いよいよ行きますか!

入場ゲートにてドキドキしながら「電子チケット」の画面を見せる。

スタッフのお姉ちゃんがそれをもぎると、
「スゲェな!もぎる音が聞こえた!」
と、モレノ。

わしゃ、聞こえんかったけど、
いちいちそんなことにも興奮するオバハン2人。
(モレノ、ごめんやで、アンタまでオバハン呼ばわり)

で、
フェスではお馴染みのリストバンド装着。



この画像は打ち上げの時のもの。

しまった!
手にオバハン感丸出しや!

シミが出来とる。
油断しとった。
手までスノウアプリで撮らんとおえんのか。
老いるって辛いわ。

いや、
わたしゃ今まで年齢の割に手も顔もシワがないと思うてたんやが、
まさかのシミて!

因みに、
まだ白髪染もしていない。
美容院でもまだ必要ないと言われるので、
カラーリングだけしてもらっている。

お顔のシミは気になるが、
それとてケアもしておらず、
普段はスッピンで堂々と街中を歩いている。
この残念なツラで。

この前、
久しぶりにモンキーとランチに行くと、
ヤツめ、生意気にも「マツエク」なんぞしておって、
まつ毛をバッサバッサいわしとった。

それを見たら「マツエク」エエな!
とちょっと思うた。

ところで、
ワタシはそれまで手のケアなぞした事がなかったが、
この画像を見た今は、
人生初の「ハンドクリーム」を塗ってみたりなんかして。



匂いのキツイのは苦手なのでコレ。

エエよ、無印の。

...って、
ワタシの手のシミ問題なんてどぉ〜でもエエよな。

リストバンド装着でテンションも上がり、


レディクレ ではお馴染みの「こたつエリア」激写。



訳もなく激写。

先ずは、
THE BAWDIESのLiveがあるLステージの様子を伺うべく、
5号館に潜入だっ!

ってとこで、
長くなったので、
次回へと続く!

次からはもう少しピッチを上げるぞ!
この調子じゃいつまで経っても終わらん。

ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ































| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月21日 (日曜日)

続々々、フェスるオンナ

〜前回からの続き〜

2017/12/28、
レディクレ の前夜だと言うのに、
なかなか荷造りが出来ない。

ワタシの嫌いなもの、「荷造りと荷解き」。

旅行は好きなのに、
その前後のこれらが大嫌い。

夜8時を回ってもまだヤル気が起きない。

そのうちモレノからLineが入る。
「何着て行くん?」

おぉ!
そうじゃった!

服装もまだ考えていなかった。

何しろ初参戦なので、
インテックス大阪、暑いのか寒いのかわからない。

そこでまたもやネットに頼る事にする。

いろいろ調べているうちに、
この日(28日)はB’zの稲葉さんの声の調子が悪く、
一時中断ののち持ち時間を残して終了とのニュースがっ!

不安がよぎる。
マサムネさん大丈夫かな?

その後もいろいろ調べる。
最早、服装の事より、
28日の様子などガッツリと。

おかげでムダな時間を過ごす。

しかも、
調べるにつれ、
不安要素しか入ってこない。

始発で行ったのに既に行列。
入った途端にリストバンド失くす。
いつもメガネが壊れる。
ぼっち参戦、行列だらけでフェス飯食えず。
帰りのクローク行列がヤバい。




そんな危険地帯に、
ワタシの様なオバハンが行って、
果たして無事に帰れるのか????

とりあえず始発では行けない。
新幹線予約しとるし。
(むしろ、始発じゃなくてオッケー、
行列なんてチョロい)
リストバンド、
失くさんようにキツく縛ろう。
(そのせいで、ちょっとした事件勃発)
予備のメガネ持って行こう。
(無駄な荷物を増やしただけ)
フェス飯が食えん時のためにオニギリ買うて行こう。
(全然余裕!オニギリやこいらん。)
クローク行列か、ホテル予約してよかった!
(でも、こんな地獄絵図じゃなかった)

と、
まぁ、ネットの情報(主に2チャン)
なんて、全くアテにならない。

さて、
時刻は既に午後10時をまわっていた。

荷造りはまだ何も出来ていない。
いたずらに時が流れただけであった。

そろそろ本腰を入れて取り掛かろう。
(って、おっせぇよ!)

娘の洋服を物色し、
めぼしい物をピックアップ。

夫も娘も忘年会でいないので、
ギャラリーのないファッションショーが始まる。
モレノにファッションチェックをしてもらうべく、
画像を送信。
この時点でモレノもまだ荷造りの最中。
(おっせぇぇぇ!)

とりあえず、
娘のジャンパーとバッグを借りよう。
Lineにて借りる旨、報告。
既読はつかない。

忘年会で盛り上がっているのだと思っていたが、
どうやらiPhone水没にてオシャカ。

娘と行く約束してなくてよかったがな。
レディクレ 前夜に血を見るとこじゃった。
電子チケットのに。

それにしても、
水没させるぅ???
もしホンマに行く事にしとったら、
後々まで語り継がれる伝説出来とったわ。
おっちょこにも程がある!

そうこうするうち、夫が帰宅。
部屋に散乱する洋服を一瞥して、
「何しょん???」
「明日の服よ!何着て行こうか迷う。」
「わかる、わかるよその気持ち。」

...って、
オマエ、
フェス行った事ないがな。
この前のYAZAWA、
ガッツリ普通のスーツ着とったやん。

そんな夫に助言を求める筈もなく、
ロンTの上に30/50のTシャツ、
さらに上にチェックのロングシャツ、
そして娘のジャンパーにバッグと言ういでたち決定。
荷物は30/50トートバッグへ。

本当はベルゲンで当たったサイン入りのTシャツとも思ったが、
危険地域につき破れてはかなわん。
アレは家宝じゃからな。

深夜零時過ぎ、
何とか荷造りも終わったが、
おえん!
興奮で寝付けないっ!

と思っているうちに寝てもた。

明けて29日。

いよいよその時が来たっ!

フンドシの紐をキリリと締めてイザ出陣じゃぁ〜!
ボォォォ〜!(ココロに響く法螺貝の音)




画像はあくまでもイメージです。

ってとこで、
しつこいようだが、
次回へと続く!!!

ホンマは入場ゲートまでは辿り着きたかった...

む、
無念じゃ...

ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月16日 (火曜日)

続々・フェスるオンナ

〜前回からの続き〜

さて、
運命の12/21!

この日はレディクレ の電子チケット発送日。

ワタシは、はやる心を抑えつつ、
職場の更衣室にて、
早速、iPhoneを取り出し、
鼻息も荒くチケット取得を試みた。

だがっ!

2種類のパスワードがわからない。
それらしきメールも届いていない。

ど、ど、ど、
どうしよう!

軽くパニくるワタシ。

落ち着けと自分に言い聞かせ、
一刻も早く家に帰りつかねば!

と、
焦りながらも着替えを済ませ、
「お疲れっした!」
と自宅へと急いだ。

パスワードは、
自宅のパソコンに届いていた。

そうか、
ぴあに登録してあるのパソコンのメアドじゃもんな!

これでようやく電子チケットを受け取れた。

あとは、
同行者のモレノにも受け取ってもらわにゃおえん。
それは23日のPOKI一族のクリスマス会での事にしよう。

抜かるなよ、POKI!(おぅ!)

で、
23日当日、
毎度バカバカしいクリスマス会に向け、
ワタシはパーチィに持参するスナックセットを作りに作った。
この日はムスメの友達も我が家でクリスマスパーチィをすると言うので、
その分もと思い、
ポテチとキャラメルポップコーンをアホほど作った。
誰が食べるんなら、こんなに!




因みに、スナックセットの中味は、
ポテチ、ポップコーンの他に、
フライドポテト、ゴボウチップス、たこ焼き、ウィンナーなどなど、
って、
そんなコトはどぉ〜でもエエ?

余談だが、
我が一族は何かと言うと集まる。

やれ、花火大会だ、
ハロウィンだ、クリスマスだと。

で、
ハロウィンでワタシは「サザエさん」に扮し、
これがかなり好評であった。






全く、エエ歳してアホしかおらん。

ワタシは既に今年の仮装も考えている。
もう優勝する気しかしない!

って、
そんなコトもどぉ〜でもエエ?

さて、
話を元に戻し、
モレノにもチケットを受け取ってもらい、
この時点ではもうタイムテーブルもupされていたので、
誰を見るかとの作戦も立てた。

しかし、
電子チケット、コエェよな。

自分でもぎったら無効じゃと言うし、
何かの拍子にアプリ開いて、
チケットがどっか行ったらそれもコェェし(オバハンの発想)。

ワタシはチケットを受け取ってからも、
事あるごとにアプリを開いては、
チケットの確認を怠らなかった。
(どんだけ心配性なら!)




チケットを受け取ってからは、
怒涛のクリスマス商戦で、
トリの足とやらを焼きに焼き、
(ホンマは料理された足をスチコンで蒸すだけやねんで)
足にホイルを巻きに巻き、

そうこうするうちに、
年末商戦の、
エビ天とかき揚げがアホほど入荷し、
誰がこんなに発注したんなら!(ワタシじゃけどな。)

と、いう状況でも、
ワタシのココロは最早、大阪の空の下。

そしてっ!

遂にその日を迎えるコトになるのだがっ!

それはまた次のオハナシ。

どんだけ、引っ張るんなら!

ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月11日 (木曜日)

続、フェスるオンナ

〜前回からの続き〜

さて、
当たらないと思っていたチケットが当たってしまった!

あわわ、
どうしよう!
まさか本当に当たるなんて!

もうワタシのココロは、
「レディクレ」一色に染まってしまった。

その前にやっつけなければいけない
「クリスマス商戦」の事も、
最早、うわの空で、
ワタシは毎日毎日、
「レディクレ」に関する情報を
仕入れる事に躍起になっていた。

これまでのレディクレについて書かれたBlogや、
レディクレのまとめや、
レディクレの2ちゃん、(今は5ちゃんと言うのか?)
とにかく毎日「レディクレ」と入力しては、
レディクレに関する情報を収集していた。

また、
スピッツファンのBlogも覗いては、
どれだけの人が当たったのだろう?
と、その調査も抜かりなくやった。

そして、
早くタイムテーブルが発表されないかと、
1日に何度もサイトを訪れては、
「あぁ、まだだ!早く早く教えてクレ!
スピッツはトリなのか?
え?どうなんだ?レディクレさんよ!
早く知りたいんだ!教えてくれぇ!」
とココロの中で呟くのが日課になっていた。

タイムテーブルも気になるところだが、
チケットも気がかりだった。

「電子チケット」なんてシロモノ、
本当にちゃんと届くのだろうか?
21日発送と書いてはいたが、
ワタシはそれをちゃんと受け取れるのだろうか?

これまたワタシは、
当選のお知らせメールを何度も確認すると言う、
かなりおかしい人になっていた。

そういえば...
チケットの抽選結果がわかる前に、
ワタシのiPhoneが再起動を繰り返すという不具合に見舞われ、
iPhone壊れたらチケット受け取れんがん!
と顔面蒼白になり、
SoftBankに駆け込むという愚行も犯していた。

LINEで妹にそれを告げると、
「もしかしてコレじゃねん?」
と、りらっくまが教えてくれ事なきを得たのだが、

ヤフーニュースにもなったコレ↓

http://http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1712/02/news018.html

もうホンマ、
カンベンしてくれぇ!
この大事な時にiPhone壊れたんか思うたがん!
頼むわ、Apple!

とにかく、
ワタシの脳内は「レディクレ」で占められ、
最早、他の事など入る余地もなかった。

スピッツ、B’zの出演が決まったことにより、
2ちゃんではその話題もかなり上っていた。

ワタシは2ちゃんに書き込みをした事がないので、
一体どのような層の人が書いているのかも知らないが、
スピッツを見たいと言う人もかなりいた。

スピッツが見たければ、
その2ステージ前からスタンバイしていないと入場規制で入れないかもしれないとか、
とにかく早くタイムテーブルを発表してくれだの、
レディクレの運営は糞だの、
かなり過激な発言もあったりするが、
2ちゃんは面白いなぁ〜と思って読んでいた。

さて、
そうこうするうちに、
チケットの発送日だという21日がやって来た。

ワタシの勤める場末の某スーパーの店内では、
客のクリスマスへの購買意欲を高めようとの狙いなのだろうが、
12月早々からクリスマスソングが流れていたが、
21日ともなると、
いよいよクリスマスも目前に迫ってきて、
本部からは、
「クリスマス商戦に向けての準備は抜かりないか?」
と言う様な内容のメールや、
トリの足やフライドチキン、
オードブルのレシピや、
誰がこんなに売るねん!
というぐらい大量の「トリの足」やらが
バンバン送りつけてこられていた。
(まぁ、トリの足大量に発注したんはワタシやけんどな。)

しかし、
ワタシのアタマの中は「レディクレ 」でいっぱいなのだから、
「トリの足」の事など眼中にない。

運命の21日、
ワタシは定時で仕事を切り上げ、
(残業なんてするもんか!)
更衣室に飛び込むと、
着替えもせずiPhoneを取り出した。

さて、
ワタシは無事にチケットを受け取れるのかっ!

長くなったので、
次回へと続く!!!

毎回、前置きが長いな!

ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 7日 (日曜日)

フェスるオンナ

2017/12/29、
年末のクッソ忙しい時に、
POKIは大阪に居た。



というのも、
FM802主催のフェス、
「レディオクレイジー」に当選したからである。

どうやら、
このレディクレとか言うフェスは、
毎年年末に「インテックス大阪」で開催されているらしく、
東のカウントダウンジャパン、
西のレディオクレイジー と呼ばれるほど、
有名で大規模なフェスらしい。

そんな有名どころのフェスに、
今年は、
な、な、な、なんと!

あの、ス、ス、ス、スピッツが出る!
と言う情報が舞い込んだ!

こりゃあ、
何を置いても行かねばなるまい!

職場は年末商戦で大忙しだが、
そんなの知ったこっちゃねぇ。
幸いシフトを組んでいるのはワタシだ。

更に、
姑が両膝の手術で入院しており、
年末年始も病院で過ごす公算が高い。

これは何としてでも行かねばならないっ!

大掃除はテキトーに誤魔化し、
餅は大晦日に仕事終わってから怒涛の勢いでつけばええ。
おせちは姑もいないので、
作らなくても誰も文句など言いやしない。
いや、言わせない。

早速ワタシは、鼻息も荒くムスメに、
「ちょっと!大阪であるフェスにスピッツが出るんじゃけど!
アンタの好きなSuchmosも出るよっ!」
と、言い放つと、
「え?それめっちゃええがん!
いつ?29日?おえん、その日から友達と東京行くからムリ!ムリムリ!」
と、にべもなく断られてしまった。

頼みの綱のムスメに断られ、
どうしようかと途方に暮れるPOKI。

とてもじゃないが、
AM11:00〜PM9:00ぐらいまであるであろうフェスを、
たった一人で観戦するのは勇気がいる。

しかも、今回のフェスはオールスタンディング。

今まで、フェスらしきモノには何回か参加したが、
それは座席があるもので、
オールスタンディングで長時間と言うのはない。

それをたった一人で、
棺桶に片脚突っ込んだようなオバハンが、
寒風吹き荒ぶ中、長蛇の列に並び、
周りでやんややんや言うてるヤングを尻目に、
憧れのフェス飯を、
喉に詰まらせんように細心の注意をはらいながら食し、
ライブ会場では、
これまた、やんややんや盛り上がるヤングに混じり、
ぎゅうぎゅう地獄と圧死する恐怖に怯えながら過ごすなんて、
想像しただけで寿命は10年縮まる。

ここはひとつ、
あのお方におすがりするしかない。

そう、
小田さんとサザンとミスチル以外のLiveなら、
例えそれが、
モト冬樹と中尾ミエのコンサートであっても付き合ってくれる、
変わり者のモレノにだ。

幸いなコトにこのフェスには、
モレノの好きな「THE BAWDIES」も出る。

ワタシはモレノがガッツリ食い付く事を祈りつつ、
「チミチミ、年末のクッソ忙しい時に、
フェスとやらに行かんかね?
大阪じゃで。ボーデーズも出るでよ。」
と言葉巧みに囁いてみた。(←LINEでじゃけどな)

案の定、ワタシの目論見通り、
モレノはガッツリと食い付いてきた。

しめしめ、これで同行者は決まった!

そうとなれば、
早速、チケット抽選のエントリーをしなくてはっ!

がっ!

今回はお初の「電子チケット」である。

果たして、こんなオバハンにエントリーなぞ出来るのか?
ドッキドキしながらも、
どうにかエントリーを済ませ、
あとは、抽選結果を待つだけとなった。

とはいえ、
ココロの中では、
「どうせ当たらんじゃろ!」
とも思っていた。

正直、半分以上は諦めていた。

それが、
なんと!
当たってしまったのだから驚いた。

嬉し過ぎて、
何度も「ウソじゃろ?ホンマか?ウソじゃろ?」
と呟くワタシの姿はさぞ怪しかったに違いない。

あぁぁぁ、
ホント、夢の様だ。

今年最後にスピッツに会えるなんて!
人生の運を全て使い切ってしまった心境だった。

この時点で既にタマシイが抜けかけていたが、
これではいけない、しっかりしろ!
と自分自身を奮い立たせ(←大げさやな!)
出演するアーティストの面々から、
スピッツはトリで間違いない!
と推測し(←実はその推測は大ハズレだった)
多分、最終の新幹線には間に合わん!
ホテルを取らねば!
でも翌日は仕事じゃし、
あ、始発で帰ればギリ間に合う!

などと、
タマシイ抜けかけた割に即座に判断し、
ホテルも押さえる事が出来た。

さぁ!
準備は整った!

あとはその日が来るのを待つだけだ!

ってことで、
長くなったので、
次回へと続く!

ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月 4日 (月曜日)

続々、スピッツまみれのオンナ@広島グリーンアリーナ2017/7/22

〜前回からの続き〜

師走に入り、
いよいよ世間も慌ただしくなってきた。

ワタシの職場でもクリスマス、年末商戦に向け、
いろいろと忙しくなっている。

それなのに、
まだチンタラと7/22のコトを書いているワタシって...

このシリーズ、
本当に年内に終わるのか?

さて、

スピッツ御用達の大丸屋さんも満喫し、
タワレコも冷やかした。
それでもまだ時間があったので、
広島と言えばお馴染みの「アンデルセン」にて、
茶(正確にはパッフェ)なぞしばいてみる。






そして、
時間も迫ってきたので、
いよいよっ!!!

グリーンアリーナへと移動。



今回は写真を撮っていないので、
よそ様からお借りした上空からの画像でお楽しみください。

へぇ〜上から見るとこんな感じなんや。
まさにグリーンやな。

って、
そんなコトに感心している場合ではない!

この日は、
前回の大阪で売り切れていた、
ビッグトートバッグ購入と、
ベルゲンのくじを引くという重大ミッションを敢行しなくてはならない。

と、
言う訳で、
グッズ売り場に並び、
無事にトートバッグをゲット!
これ欲しかったんよ!



何を隠そうわたくし、
無類のトートバッグ好きなのである。

Liveに行くと必ず買ってしまうのがトートバッグ。

今まで数々のトートバッグを買ってきたが、
中にはペラッペラのモノや、
なんなん?このデザイン。
というようなモノもあった。
(それでも買ってしまうアホ)

そんな中で、
今回のコレっ!
大きくて生地もしっかりしていて、
ワタシのトートバッグ好きなココロをくすぐる
スンバラシイ一品である。

今回のツアーグッズが発表になった時、
何を置いても一番に買いたいっ!
と思っていたのがこのトートバッグだったのだ。

それが、
大阪では売り切れていた時の落胆といえば、
そりゃ〜もう!

念願だったトートバッグを手中に収め、
ウホウホの気持ちで、
次はベルゲンのくじの列へと並ぶ。

程なくワタシの順番が回ってきて、
会員証を機械にかざすと、
「スピッツ賞!おめでとうございます!」
の文字がっっっ!!!

一瞬、
何の事やら訳がわからず、
アホの様にポッカ〜〜〜ンとした顔をしていると、
奥から何やら手に持ってスタッフ登場。

そして、
用紙に名前を記入させられ、
うやうやしく持って来たブツを、
その場でじゃじゃーんと広げて見せてくれたのは、
ななななな、なんと!

スピッツの直筆サイン入りのTシャツではおまへんか!



後ろに並んでいた娘が、
「お母さん、スゲェがん!」
と言い、
見も知らぬファンの方々からの「おめでとうございます!」の声。

この時点でもワタシ、
そんなにラッキーなコトだとは思っていなかったのだけれど、
Facebookでベルゲン賞が当たったという記事は見たが、
スピッツ賞が当たったという方はまだ知らない。

果たして、
スピッツ賞がいくつあったのかはわからないが、
これって、
相当ラッキーなコトだよねぇ?

ワタシは常々、
自分にはクジ運が無いと思っていたのだが、
スタレビの温泉ツアーの時も、
寺田さんのサイン入りスティックと、
ステージ衣装が当たった事があるし、
スタレビLiveでは1列目をゲットしたり、
これはクジ運ではないが、
要さんのピックをゲットした事もある。

となると、
ワタシのクジ運もまんざら捨てたもんではないのかも。

えぇ、
このTシャツは我が家の家宝として、
厳重に金庫にしまってある。
(ウソです。タンスにしまってあるだけ。)

それにしても、
スピッツファンの皆様はお優しい。

こんな見も知らぬどこの馬の骨かもわからない、
胡散臭げなオバハンに、
「おめでとうございます!」
だなんて。

腹黒いワタシなら、
「おめでとう」より先に、
「チッキショー!ええなぁ!」
って言うてしまいそうだゼ。

と、
言う訳で、
広島でのじゃじゃーんな出来事とは、
スピッツ賞のTシャツが当たったということ。

これで今年の運は使い果たしたと思っていたが、、、
ムリだと諦めていた「レディクレ」も当たってしもうた。

年末のクソ忙しい時に、大阪?
しかも翌日は仕事なので、
新大阪1泊して(ホテル押さえた)
朝イチの新幹線で帰って、
そのまま職場へGO!

ふっふっふ、
最後の最後までスピッツまみれの1年だ。

それまでに広島、大阪の記事を完結させんとな。
(って、ホンマにその気あるんか?ワタシよ!)


ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ






















| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年10月31日 (火曜日)

スピッツまみれのオンナ@広島グリーンアリーナ2017/7/22

2017/7/22(土)、
POKIは広島に居た。



広島へはもう何度も来ているので、
今回不覚にも写真を撮り忘れた。
画像は2012年の広島駅の様子。

今回の広島入りは、
言わずと知れた、(いや、知らない?)
スピッツ30/50ツアー@広島グリーンアリーナ参戦のためである。

しかも1泊して、
翌日は広島観光を楽しもうという贅沢な計画であった。

と、言う訳で、
先ずはこの日のお宿である、
「シェラトングランドホテル広島」に荷物を預け、



広島に来たら絶対に行こうと思っていた、
お好み村にある「大丸堂」さんへとGO!



大丸堂さんと言えば、
スピッツが広島入りした時にご贔屓にしているお好み焼き屋さんで、
スピッツ以外にもたくさんの有名人が訪れているらしく、




店内にはたくさんの有名人のサインがあった。

この日はグリーンアリーナでスピッツのLiveがあるので、
私と娘以外にも、
明らかにスピッツファンだと思われる方々がたくさんおられた。

実を言うと、
スピッツファンで大変なコトになっているんじゃないだろうか?
と、恐れおののいていたのだが、
幸い我々が到着した時にはまだそれほど人もおらず、
少し待っただけで直ぐに座る事が出来た。

とりあえず席に着き、
お好み焼きを注文しながらも、
視線は怪しくスピッツのサインを探す我々。

しかし、
どの様に目を凝らしても、
それらしきサインはない。

お店の大将も忙しくお好み焼きを焼いておられるので、
もし、とんでもない頑固オヤジだったらコエェなぁ。
でも、スピッツのサイン見てぇがな。
などと、しばし葛藤したのち、
ここはひとつ、オバハンである私よりも、
若い娘に話しかけられた方が大将も嬉しいだろうと、
娘に、「なぁ、スピッツのサインがあるか聞いてん。」
と言い、
娘からスピッツのサインのことを切り出してもらうと、
「あぁ、スピッツのサインね。」
と、大将も慣れているらしく、
すぐにサインを見せてくれた。

そして、
大将の口から、
「昨日も来てたよ。マサムネさんは来なかったけど。」
と言う言葉が飛び出した時は、
「おいおい!マジかよっ!」
と、思わず叫びそうになった!

大丸堂さんの入っているお好み村は、
鉄板の前に座席が10個ばかりある様な小さなお店が何軒も入っていて、
こんなところにスピッツのメンバーが来た日にゃ、あ〜た!

普通に横に並んでお好み焼きが食べられそうな、
そんな場所でっせ!

もちろん屋台っぽい店構えなので「VIPルーム」なんてある訳もなく、
スピッツの事だから、
怖そうなSPがガードしているコトもなさそうだし、
例えそこにマサムネがいなくてもだ、
リーダーとテツヤと﨑ちゃんだけでも、
もしそんな幸運に遭遇したら、
こりゃお好み焼きどころではないだろう!

現にリーダーとテツヤの地元静岡では、
「さわやかハンバーグ」の店舗で、
Live前日だかにリーダーとテツヤがハンバーグを食べに来た所に遭遇した!
と言う目撃情報もあったりして、

あぁ、
昨日来てたんか、
スピッツ(マサムネ抜き)来てたんか、
この店のどこかに座ってお好み焼き食べとったんか!

と、アタマの中でその光景を想像しながら、
有り難いサインをヨダレを垂らしそうな勢いで見つめるワタシ。
(怪しすぎるぞ!おい!)




2014/5/2 小さな生き物ツアー@広島文化学園HBGホール(2013/12/5の振り替え公演)
コレ、ワタシ行ったヤツや!




2011/11/26 とげまるツアー@防府市公会堂
前日は米子公演だったので防府市に行く前に寄ったのか?




2010/4/21 ジャンボリーツアー@ 広島ALSOKホール


え〜残念ながら、
これ以上画像をUP出来ない模様。

サインはまだもう数枚あるのだが、
今日はここまで。

ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ


















| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年10月13日 (金曜日)

スピッツまみれのオンナ@テアトロン2017/8/12(完結編)

さて、
長々と引っ張ってきた、
スピッツ30/50アニバーサリーツアー@テアトロンも、
今日で完結編としたいっ!!!

いやぁ〜やっとだ。
やっと終わりが見えてワタシもホッとしている。

あの夏の日から既に2ヶ月が経つのだ。
もうそんなに経ってしまったのだな。

ツアーも終わり、
マサムネは今何をしているのかな?

ワタシは言わずと知れた「スピロス」中だ。
毎日スピッツの事を考えない日はない。

この熱い思いをどうしてくれよう。
マサムネ、本当にチミは罪なお人だ。(知らんがな。)

今回のツアー、
ワタシは7/5大阪、7/22広島、
そして、8/12の香川へ参戦した。

広島へは連休を取って泊まりがけで参加した。

そこでふと気付いた。

連休取れば、
東京だって参加出来ると言う事にっ!!!

バカじゃ、
何故もっと早く気付かんか。
詰めの甘いオンナめ。

よぉ〜し、
次回は連休取って武道館行ったる!
いや、
行かせて頂きとうございまする。

どうか、チケットよ当たれ!

ダメだ、
スピロス中で、
まだありもしない武道館Liveへの意気込みを語ってしまったではないか。

さて、
今回のツアーのセトリだが、
夏っぽい曲が余りなかったと言う印象。

自分なりにいろいろとやって欲しい曲を考えていたのに、
「渚」も「漣」も「プール」も「海を見に行こう」も聴けなかった。

特に「海を見に行こう」は2013年の横サンの本編ラストにやった曲で、
劇場版の横サンを観た時に、
この曲がすっっっごくLiveの雰囲気に合っていて、
テアトロンでもこの曲を聴けたらいいのにと思っていた。

娘に「海を見に行こう聴きたかったのに。」
と言うと、
「いや、もう海来とるし!」
と訳ワカラン事を言われたが、
テアトロンでステージ後方の海を見ながらこの曲を聴いたら、
どれほど素晴らしかった事かっ!

ワタシは思い余ってスピモのアンケートに、
「今回、夏の曲があまりなかったのはわざとですか?」
なんて書いてしもうたがな。

しかも、
夏っぽい曲として「波のり」をやるという...

これには正直ビックリした!

だって、ねぇ、
「ぺ○スケース」なんて歌詞が入っているあの曲よ。
初めて聴いた時、
聞き間違いかと思った「波のり」をまさかやるなんて。

でもお約束の「恋のうた」がアンコールで聴けたのはよかった!

この曲の時にマサムネが使っていたシェーカーを、
客席に投げたんよ!




イメージ。

コレを見たワタシと娘は、
「あ〜ええなぁ〜!」
と、心底羨ましい声を出した。

後日、
このマサムネのシェーカーをゲットした方の友達が、
Twitterにこの画像を上げてて、
なんと、サイン入り!

マサムネは投げる気マンマンじゃったんじゃな!

ええなぁ、シェーカー貰った人。

歌いながら、誰に投げようか決めとったんかな?
可愛らしいお嬢さん目がけて投げたんかな?

もし、ワタシが最前列でも、
こんなオバハンには投げてくれんじゃろうなと
ちょっと哀しくなる。

ここはひとつ、
娘が若いウチに最前列になって、
是非ともマサムネからシェーカーを投げて貰えるという夢に賭けたい!

親バカじゃけど、
ウチの娘、そこそこカワイイ思うで。

カモン!
マサムネのシェーカー!

そしてワタシは、
シェーカーはムリでも、
マサムネのピックを取る練習に励みたい!

あと娘は「君は太陽」を聴きたいと言っていたのだが、
アンコールラストでこの曲のイントロが流れた瞬間、
娘と狂喜乱舞したのは言うまでもない。

普段娘は、
「田村はあざとい!
正直どぉ〜でもエエ!」
と、リーダーの事を「田村」と呼び捨てにするほど
ぞんざいに扱うのだが、
「俺のすべて」で、リーダーがLサイド端っこの階段を駆け上がって来た時に、
もちろんワタシはガン見状態だったのだが、
田村はどぉ〜でもエエ!
と言い放つ娘までもが、
「おえん、不覚にも田村ばぁ見てしもうた!」
と言う程のパフォーマンスをしてくれたリーダー。

娘はあざといっちゅ〜けど、
あのハシャギっぷりはカワイイ思うで。
あんな50歳可愛すぎるわ。

おえん、
今日で完結しようと思ったら、
とんでもなく長文になってしもうた。

そして興奮し過ぎて、
おもっくそ岡山弁になってしもうた。

あぁ、
テアトロンの思い出はまだまだ尽きない。

Live終了後の花火も綺麗だったし、
その後の退場の際の地獄も、
シャトルバス待ちの地獄も、
もう地獄じゃなくて、
ココロは天国じゃったわ。

ありがとうスピッツ!

さて、
とてつもない高揚感ではあったが、
晩御飯を食べていないのでLive終了後のシメとして、
晩御飯を食べて帰る事に。

とは言ってもかなり遅い時刻、
晩御飯のリサーチはしていなかったので、
一路岡山へと車を走らせ、
24時間営業の吉備SAへ。

ココ、オススメよ。
土産売り場も24時間営業。

で、



スピッツでココロは満たされていたけど、
ラーメンを食す食欲だけはあった。

お腹も満たされ夢心地で無事に帰宅。

遠足は家に帰るまでが遠足。
テアトロンは家に帰るまでがテアトロンなのだっ!

こうして、
ワタシのココロのページに、
とてつもなく素敵な1ページが刻まれた事は言うまでもない。

いや、
1ページどころか、
長編の思い出だなぁ。

皆様はどうか1ポチをよろしく。
次回は広島編で待ってるゼ!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ























| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2017年10月 2日 (月曜日)

続々続々スピッツまみれのオンナ@テアトロン2017/8/12(ネタバレあり)

7/1(土)静岡エコパアリーナから始まった、
スピッツアニバーサリーツアー30/50も、
本日の宮城セキスイハイムスーパーアリーナでラストとなった。

ワタシが今書いているテアトロンの記事ももう随分と昔の事となってしまったが、
新しい記事を書いた直後は直ぐに次の記事を更新しようと意気込んでいたにも関わらずなかなか更新が出来なかった。

そして、
どうせ遅れついでなのだから、
それならいっそ、ラスト公演が終わってからの方がネタバレも出来るしいいか!
と思い直しオフィシャルサイトのツアーBlogでラスト公演の様子がUPされたら書こうと思っていた。

今現在、Blogでラスト公演の様子はUPされていないが、
もう居ても立っても居られないので書く事にする。

先ずはスピッツの面々とスタッフの皆様に、
ラスト公演お疲れ様、
そして、素晴らしいLiveをありがとうと言いたい。

さて、
本題に入って、
テアトロンLiveでの続きを書く事にしよう。

今回のツアーではテアトロンが唯一の野外公演で、
果たしてどの様な構成になるのかと思っていた。

大阪でも広島でも屋内の公演ではライティングがとても綺麗で、
特にワタシが目を奪われたのは、
「正夢」での天井から舞い降りてくるピンクと白の紙吹雪だった。

まさか屋外で紙吹雪を降らせる事は出来ないだろうし、
ライティングもそれほど期待してはいなかったけれど、
スピッツチームはそれを見事に裏切ってくれた。

さすがに紙吹雪はなかったが、
テアトロンでこんなに綺麗なライティングが観られるとは思ってもみなかったし、
陽射しの照りつける日中から始まったLiveが、
徐々に夕暮れ時となり、
完全に日が暮れていく様子、
そのバックに広がる瀬戸内海と、
テアトロンの客席から見る風景そのものが素晴らしい舞台演出となって、
ワタシの脳裏に刻まれた事は言うまでもない。

って、
なんか今回はいつになく真面目モードで書いているな。

でも本当に、
テアトロンと言う場所は、
辿り着くまでは色々と大変ではあるが、
それを差し引いても余りある感動が広がる素晴らしいところだ。

マサムネもMCの中で、
「ここに来るの大変だったでしょう?」
と言ってくれ、
「僕が実際テアトロンにスタレビのLiveを観に行こうと思ったらどうすればいいか調べてみた。」
と言う様な事を言っていた。

マサムネの口から「スタレビ」と言う単語が出たのは本当に嬉しかったし、
毎年このテアトロンでスタレビがLiveをやっている事も、
マサムネはちゃんと知っているんだなぁと思ったら、
ちょっと泣きそうになった。

どうかどうか、
このテアトロンと言う素晴らしいLive会場を、
スタレビだけではなく、
たくさんのアーティストが使って欲しい。

それほどまでにワタシはこの「テアトロン」が好きだ。

この素晴らしい会場でスピッツのLiveを観られた事は、
ワタシの人生の中でも極上の思い出である。

さて、
スピッツがここテアトロンでLiveを行うのは実に21年ぶり。
1996/8/31にジャンボリーツアーの1会場として
「瀬戸内夕焼け兄弟」と言うタイトルでLiveを行なっている。

この日もMCの中で、
21年前のLiveに来た人はいますか?
とマサムネが客席に問いかけ、
何人かの方々が手を挙げていらっしゃった。

その時のLive映像として「恋のうた」が残っているが、
ワタシはそれをYouTubeで初めて観た時に
直ぐにテアトロンだと気づいて、
「えぇっ!スピッツってテアトロンでLiveしとったん!」
とビックリしてしまったのだ。

21年前といえば、
ワタシは何をしていただろう?
そう思い考えてみた。

21年前、
娘が3歳の時だ。

東岡山に住んでいた。
あの頃、フリマで手作りのリースとか売ってた時期かな?
いや、
それはもう少し後だろうか?

その頃、
ワタシはどんな音楽を聴いていただろう?

1996年のヒット曲を調べてみた。
スピッツのチェリーや空も飛べるはずもあるが、
その当時、スピッツの曲は知っていたが好んで聴いてはいない。

それよりもミスチルの「名もなき詩」の方を聴いていた気がする。
と言うのも、
この曲がフジテレビのドラマ「ピュア」の主題歌になっており、
このドラマが好きでよく観ていたからだ。

そう考えると同じ1996年のドラマである「白線流し」も大好きで観ていたし、
主題歌の「空も飛べるはず」もいい曲だなぁ〜と思っていたはずなのに、
なぜその時にスピッツにハマらなかったのか!!!

これはワタシの人生の中でもかなりの失敗である。

あの頃からスピッツにハマっていれば、
もっと早くからスピッツのLiveに行っていたかもしれない。
そして今よりももっともっとスピッツの事を好きになっていただろう。

いや、
今でも十分スピッツの事が好きだ。
それはもう狂おしい程に。

だからこそ尚更、悔しい。

ワタシは時々「ヒットソング集」なる物を買い、
下手くそなギターをジャカジャカ弾きながら歌ったりすることがあって、
そんな時は必ず「空飛べ」も「チェリー」も弾くのに、
それなのにどうしてスピッツにドハマりしなかったのか!!!

いや、
今だから言うけど、
ワタシの中では
スピッツの曲はいいけど、
影の薄いバンドだったのだ。

華やかさが無いと言うか、、、
って随分と失礼な事を言うな。

あの頃はサザンやミスチルや、
そういったビッグバンドばかりを好んで聴いていたように思う。

バカじゃなぁ〜、
本当にバカじゃ。

目先の華やかさに目を奪われ、
スピッツと言うバンドの素晴らしさに気付かなかったなんて、
これをバカと言わずして何と言おう。

あぁ、
随分と長くなってしまった。
こんな長文、
ワタシなら読みたくない。

もう終わろう。

続きは次回。

続きはポチして待ってちょんだい。


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
















| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧