カテゴリー「音楽」の記事

2017年2月13日 (月曜日)

2017/2/13 Facebookのオンナ

本日、ビビンバ丼とナメコの味噌汁と菜の花の辛子マヨネーズ和え。

菜の花大好き!

ところで、
ネズミを仕留めようと、
勝手口に粘着シート敷き詰めていたら、
ワタシが仕留められた!

今日おろしたばかりの靴下がダメになったがん。

くっそぉ〜!

自分が仕掛けた罠に引っかかるなんて、
アホじゃわ...

#ビビンバ丼


「ポチ」して次回を待ちたまへ!




  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年8月16日 (日曜日)

サバでもイワシでもなくアジ○○なオンナ

目標としては、出来れば、

直近の記事を書きたいと思っている。

思ってはいるのだが、

前回の記事は、

まだ4月3日のコトである。

もしも仮に、このペースのまま、

アタシがバァさんになっても、

このブログを続けていたとしたら、

アタシはあの世に行ってまで、

生きていた時の記事を書き続けねばならない・・・

そのような事態は何としても避けたい。

なので、

本日からは、

Facebookに投稿した記事を頼りに、

時系列など完全にムシして、

書けそうな事柄から、

どんどん書いていくことにしよう!

・・・と、いう訳で、

1発目は、

「アジカンのライブに行ってきたの巻」。

7月29日(水)

「アジカン・Wonder Future Tour@サンポートホール高松」

に、ムスメと行ってきたのだよ。

えぇ、

「おひとり様ライブ」もいいのだが、

たまには誰かと一緒にライブを楽しみたい。

 

そう思っていた矢先、

アタシは、

アジカンのツアーが始まるというのを

嗅ぎつけた。

アジカンに関して言えば、

実はアタシ、

あまり曲を知らない。

とりあえず有名どころの、

「リライト」「ループ&ループ」

「マーチングバンド」「アフターダーク」

ぐらいは知っていたが、

どの曲を聴いても、

全部同じに聞こえるという・・・(←コラっ!失礼な!)

と、まぁ、

かなりな不安要素はあったのだが、

ムスメがアジカン好きと言う事もあり、

 

「チケット取れんやろな。」

と、思いつつ、

ダメもとでローチケ先行に申し込んでみたのだが、

結構楽勝でチケットが:取れた。

アジカン、チョロいな。(←コラっ!何てことを!)

そして、

今ツアーのアルバム、

Wonder Future」をとりあえず聞き流して、

いつもの橋を渡る前に、

11061663_779907488787265_1965169161

腹ごしらえして、

11822515_779955158782498_2150867318

お約束の橋を渡って、

11252553_779955175449163_3804705659

四国上陸して、

(↑ムスメに、「四国来たらいっつも撮ってねぇ?」

 と、突っ込まれつつも撮る。)

時間潰しにブラブラするのに飽きたら、

11011245_779955192115828_4554146022

11813254_779955202115827_1131234812

北浜アリーで茶なぞしばいて、

いよいよ時間になったので、

サンポートホールへ取って返してみると、

そこには、

スタレビはもちろん、

スピッツのライブでも見た事のない、

若者がワンサカ!

アタシのようなオバハンなぞ、

一人もいやしない!!!

ムスメに、

「ちょ!みんな若ぇな!

 お母さんみたいな歳の人おらんがん。」

と、言うと、

「ホンマじゃな・・・

あ、あそこに一人、

お母さんぐらいな人がおる。」

などと、

オバハンを

まるで珍しい生き物でも見つけたみたいに言うてからに!

アタシ、アウェーじゃな・・・

完全に浮いとるな・・・

思うたけど、

いざライブが始まったら、

若いモンには負けんぐらい弾け倒したったわ!

どや!

オバハンの底力、

ナメたらおえんぜよ!

おかげでアタシ、

10歳は確実に若返ったわ!

この日のライブは、

アンコールは撮影OKとの事で、

アタシ、

激写に次ぐ激写で、

内藤順二さん(←スピッツのライブフォトグラファー)

も真っ青なぐらい撮りまくったのだが、

アジカンのライブはまだまだ続くので、

ネタバレにならないように、

ココでの掲載は控えようと思う。

アジカンのライブを堪能したアタシとムスメは、

11796220_780005108777503_6612735869

11825966_780005095444171_5912782150

11698672_780005115444169_3111714088

ライブ後の打ち上げもガッツリ堪能して、

帰宅の途についたのであった。

そして、

なぁ~んと!

9月23日の、

アジカン@倉敷市民会館にも、

ムスメと

行くことにした。

これでまた10歳若返ったら、

アタシ、20歳も若返ることになるな。

フッフッフ。

「ポチ」して次回を待とう。マメに更新する!・・・つもり。
  ↓

 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2015年6月 8日 (月曜日)

続々続々続「小田日和」を語るオンナ

オイオイ、

マジか。

1月29日のコトを書いているうちに、

すっかり6月になってしもうた。

いや、

シャレにならん。

この間にも、

4月3日には、

スピッツFC限定ライブ(通称GO!スカ!)

に行ったり、

4月26日には、

スタレビのライブに行ったり、

5月24、25日には、

東京行ったり、

職場事情もガラリと変わったりと、

イロイロなコトがあったのだよ。

そんなコトも書きたいのだが、

まずは、

この、

「小田日和」を完結させねば、

前に進まないわけで、

とりあえず、

ちゃっちゃと書き上げよう!

おぅ!

・・・と、

いう訳で、

前回からの続き。

ライブも中盤にさしかかり、

我々が、

最も楽しみにしていた、

「ご当地紀行」のコーナーが遂に始まった!!!

もう、

我々、

コレを観るためだけに、

小田ライブに来ていると言ってもいいっ!

・・・って、

失礼やないかい!

天下の小田さんに対して、

何て失礼なコトを言うんじゃい!

小田さんの曲はどぉ~でもエエってことかいっ!

いやいや、

小田さんの楽曲は、

どれも同じに聞こえる・・・

コラっ!

違うやろ!

どれも同じになんて、

聞こえませんてば!

まぁ、

とりあえず、

小田さんの楽曲云々については置いといて、

(↑置いとくんかいっ!)、

肝心の「ご当地紀行」の内容は、

と言うと、

「JR広島駅」から出発して、

広島カープにちなんで、

「赤いローソン」があるというのを紹介したり、

「マツダスタジアム」に出没したり、

そして、

なんとなんと!

この日我々がランチをしばいた、

「アンデルセン」にも現れたご様子の小田さん。

136474000534413109976_dscn0642

Img_0002

そう!

広島と言えば「アンデルセン」!

岡山と言えば「木村屋」!

いや、

木村屋よりもアンデルセンの方が、

格段にオサレなんだけれども、

そのオサレなアンデルセンに、

我々もランチをしばいたアンデルセンに、

小田さんが来ていたとは!

そして他にも、

宮島に出没したり、

ちょっとさびれた「マリーナホップ」?

とやらの観覧車に乗ったりと、

相変わらずの「やりたい放題」の小田さん。

しかし、

広島に関しては、

あまり土地勘がないので、

我々、盛り上がりもイマイチ。

やっぱり、

地元岡山に来てほしいなぁ~!

小田さん、

次回はゼヒ、岡山へ!

そして、

POKIの勤める、

場末のスーパーに来て下され!

その時は、

必ずや、

「コロッケ」と「からあげ」をサービスしよう!

クビ覚悟で!

さて、

「ご当地紀行ムービー」も終わり、

ここからは、

怒涛の後半戦。

新しいアルバム「小田日和」の楽曲や、

オフコース時代のヒット曲まで、

これでもかっ!

というぐらいに繰り出してくる。

もう、我々も、

小田ワールドにドップリ。

小田さんのハイトーンボイスは、

全く衰えを知らず、

本当に、

こんな、おジィちゃん(←失礼な!)の、

どこからこんな声が出てくるんだろうと、

ただただ、驚くばかりである。

オソロシイ人だ、「小田和正」・・・

そして、

本編も終わり、

その後、アンコールを2回やってくれたのだが、

残念なことに、

我々、

格安の「のぞみ指定席」を予約していたため、

新幹線の時間の都合で、

アンコール、ラストの曲を聴けないまま、

後ろ髪をひかれる思いで、

泣く泣くグリーンアリーナを後にしたのであった。

今回のライブも、

小田さんの「神」っぷりを、

まざまざと見せつけられた、

すんばらしいライブだった。

小田さん、

ステキな夜をありがとう。

そして、

次回は岡山で待っている!!!

頼むよ、小田さん。

次回は必ずや岡山へ!

そして、

場末の我がスーパーへ!!!

Img_0003

「ポチ」も待っている!
  ↓

 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年5月14日 (木曜日)

続々続々「小田日和」を語るオンナ

新緑が、

目にも鮮やかな季節になってしまいましたね。

とうとう5月中旬ですがな。

皆様、おげんこ???

「小田日和」、

どうなっとん?

早く書かんと、

ヘタすりゃ6月が来ちまうよ、オイ!!!

と、

いう訳で、

前回の続き。

オンステージシートの申し込みも終え、

放尿も済ませ、

開場時間をただひたすらに待ち、

ようやく開場時間が来て、

やっとこ座席に着く事が出来た。

あぁ、

ヤレヤレ、

記事もやっとココまでたどり着くことが出来た。

今回の座席は、

残念ながらアリーナ席ではなく、

スタンドだったのだが、

2列目ということもあり、

非常に見やすそうではあった。

んがっ!

我々が狙っていたのは、

あくまでも、

「オンステージシート」!

この「太字最大文字」で、

我々の意気込みがどれほどか、

おわかりいただけただろ~か?

もう、

当たる気マンマンだったので、

いつ、スタッフが我々を案内に来るかと、

首をながぁ~~~~くして待っていたのだが、

一向に来る気配もなく、

しまいにゃ、

めがねざると二人、

「お~い、

 ここだよ~!

 アタシら、ココにいるよ~!」

と、密かにアピールすれども、

一向に来る気配もなく・・・

そうこうするうちに、

とうとう始まってしまいましたがな、

「小田日和」!!!

ココでやっと、

オンステージシートに外れたコトに気付く。

・・・って、

遅いわ!!!

フツー、

もっと早く気付くじゃろ!

オープニングは、

小田さんの今回のツアーを振り返った

ダイジェスト版の映像。

もう、

この時点で、

興奮MAX!ですよ!

映像が終わると、(←多分、1月29日の事なので、

もう、記憶が怪しい。)

バンドのメンバーが登場し、

我らが小田さんも颯爽と登場し、

あたしゃ、

もう1曲目から、

早くも涙腺崩壊の危機に見舞われ、

こっぱずかしいので、

めがねざるにそのコトを悟られぬように、

ココロで滂沱の涙を流した。

小田さんの歌声は、

小田さんの作る楽曲は、

どうしてこんなに沁みるのか・・・

それは、

アタシがババァになったからではなく、

えぇ、

オティッコがおパンツに染みるのとは、

ワケが違うよ、チミ。

アタシは、

スタレビでもスピッツでも、

泣いたことはないのだが、(←実は最近スタレビで泣いた)

小田さんの歌声は、

何故かアタシの涙腺を刺激する。

これは、

若い頃にはなかった感情であり、

オフコースよりもチューリップが好きだったアタシとしては、

まさか、

小田さんに、

こんなにも泣かされる日が来ようとは、

その時は想像もしていなかっただろう。

・・・やはり、

ババァになったということなのか・・・

いや、

POKIババァ説は、置いといて、

小田さんといえば、

歳の割に(←失礼だな!)

軽快なフットワークも見どころであり、

今回も縦横に張り出されていた花道を、

アチラコチラと移動し、

時には客席に降りて、

観客にマイクを向けるパフォーマンスも健在だった。

マイクを向けられた方々は、

みな一様にステキな笑顔で、

それが大型スクリーンに映し出されるのも、

非常にいい光景だった。

あぁ、

アタシも小田さんにマイク向けられてぇ・・・

でも、

そんな事態になったら、

嬉しすぎて鼻血が止まらんなるわ。

そして、

小田さんのライブといえば、

歌詞がどこからでも見えるように、

スクリーンに映し出されるのもイイ。

もしかして、

これは、

小田さんが歌詞を間違えないための対策?

おジィちゃんの小田さんが、

歌詞を、

わすr・・・(←以下、自粛)

いやいや、

たとえそうだとしてもだ!(←ホンマ、失礼やないかい!)

歌詞が映されることによって、

我々も歌うことが出来るという利点がある。

但し、

大声で歌っちゃイカンよ、チミ。

お客さんはチミの歌声を

聴きにきているワケではないのだから。

そして、

そして!

忘れちゃならないのが、

「ご当地紀行」!!!

アタシは、

前回のライブで初めてコレを観て、

コ~フンの余り、

腰を抜かしかけた!!!

小田さんのライブでは、

毎回このような;映像が流れるのかと!

前回の岡山では、

原尾島ハピータウンや、

牛窓、

池田動物園などなど、

県内のあちこちに出没し、

やりたい放題だった小田さん。

アタシはもしも、

いつか小田さんが、

アタシの勤める某スーパーに現れた時は、

誰に止められようとも、

クビになろうとも、

コロッケを大サービスするつもりでアルっ!

ついでに、

アタシの鼻血も、

出血大サービスだっ!

え?

アタシの鼻血はいらん???

・・・と、

いうワケで、

今回の広島での、

「ご当地紀行」は如何に???

次回へと続く!!!

今日はこれから、

美容院に行くか、

モンブランを作るかで忙しい。

忙しいそこのチミも、

「ポチ」だけはクレ。
  ↓

 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月29日 (水曜日)

続々続「小田日和」を語るオンナ

あまりにも放置し続けた、

「小田日和」の続編を、

そろそろ書かねば、

ホンマにヤバイ。

どんどん記憶が薄れていく。

相当、ヤバイ!

・・・と、いうワケで、

前回からの続き。

アタシのポカのせいで、

せっかくの権利をパーにしてしまったのだが、

何とか事なきを得た。

「祝!小田日和参加!」

ヨシ!

そうと決まれば、

予習だ!予習!

鼻息も荒く、

「TSUTAYA」に行き、

「小田日和」のCDを借りるPOKI。(←借りるんかいっ!買わんのかいっ!)

んがっ!

どの曲聴いても、

全部同じにしか聴こえない。

日本全国、

・・・いや、全世界、

全宇宙の、

小田さんファンの皆様、

不適切な発言、お詫び致します。

「神」である小田さんの作る「神曲」を、

全部同じ曲に聴こえるなんて、

オマエの耳はどないなっとんじゃい!

と、怒りが頂点に達したことだろう。

本当に申し訳ない。

しかし、

POKIとは、そんなオンナなのだ。

全てが同じ曲に聴こえてしまうため、

予習は早々に諦め、

成り行き任せで「小田日和」参加を決意したPOKI。

そうこうするうちに、

イヨイヨ、

「小田びよる」日がやってきた。

さして、

期待もせず、

めがねざると共に「広島入り」したPOKI。

Img_0001

↑(注)この時の画像がないので、

スピッツ「ちいものツアー@広島」の画像でお楽しみください。

広島入りした我々の一番の関心事は、

「ご当地紀行」のロケ地は何処か???

と言うコトだった。

えぇ、

同じにしか聴こえん曲目など、

どぉ~でもエエ。(←どつくど、コラ!)

我々は、

「ロケ地どこじゃろな?」と、

そのことばかりを話題にし、

ライブ前の腹ごしらえをするため、

広島の街を彷徨った。

Img_0002

↑彷徨った末に「アンデルセン」で腹ごしらえ。

そして、

「広島グリーンアリーナ」へと向かう。

Img_0002_2

アリーナの建物が見え始めると、

さすがにテンションも上がるでよ。

テンション上がりついでに、

「オンステージシート」の申し込みなぞして、

益々テンション上げてやろうでないの!(←当たる気マンマン!)

我々は鼻息も荒くテンションアゲアゲで、

オンステージシートを申込み、

更にテンションアゲアゲで、

ツアトラの写真を激写し、

Img_0006

Img_0007

更に更に、

テンションアゲアゲで放尿し、

上がり過ぎたテンションをクールダウンするため、

「茶ぁでもしばいたろかい!」

と、アリーナ内の喫茶店へと向かうが、

「本日の営業は終了しました」

つって、立て看板が。

なんじゃそりゃ!

まだ、アホほど時間あるのに、

どないせぇっちゅ~んじゃい!

アゲアゲのテンション下げるのに、

何をすればエエんじゃい!

もう、放尿しようにも、

出るモンもねぇわ!

つか、

この一件で、

テンション、ダダ下がりやわ。

・・・ダダ下がりシスターズ、

仕方なく、

自販のジュース飲んで、

アホほどある時間を潰す。

そして!

イヨイヨ!

おまんたせ致しましたっ!!!

で、

続く。

いつまで続ける気じゃい!

と、怒りで血圧上がりまくりでも、

「ポチ」だけはクレ。
  ↓

 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月14日 (火曜日)

続々「小田日和」を語るオンナ

~前回からの続き~

「小田日和」の先行に、

ことごとく外れ、

これでもかっ!

・・・と、言うぐらい外れ、

アタシの中で、

最早、無き物となっていた「小田ライブ」だが、

追加公演の「広島グリーンアリーナ」が、

夢番地の先行で当たったのだよ!

やったな!POKI!

天はまだ、

オマエを見離していなかったんだな!

などと、

早合点はよくないよ、そこのチミ。

えぇ、

確かに、

当たっていたのだが、

アタシがその事実を知ったのは、

申し込み期限を過ぎてのコトだった、、、

ジャラリ~ン!!!

・・・と、言うのも、

最近は滅多にPCを開かず、

メールチェックを怠っていたためだ。

ご存知のように(←え?知らない???)

アタシのiPhoneは以前、

Apple IDが、どういう手違いか、

他の誰かに登録され、

そのことで、Appleとひと悶着あったのだが、

その悶着のせいで、

アタシのiPhoneのメアドは、

おかしなコトになってまんのや。

まぁ、

その悶着を話せば長くなるので端折るケド、

大事なメールは全てPCの方にしている。

あぁ、それなのに、

メールチェックを怠ったボンクラPOKIは、

「チミ、当たりでっせ!

 とっとと、カネ払いや。

 さもなくば、当選の権利はなくなるデ、ワレ。」

・・・と、言うような主旨のメールを、

期限切れでチェックしたのである。

これには、ヘコんだ。

心底、ヘコんだ。

あんなにも行きたかった「小田ライブ」の権利を、

自分のボンクラのせいで、

ふいにしてしまったのだから。

しかも、

この事実を、

めがねざるに知られてしまったなら、

アタシは間違いなく「亡き者」にされてしまうであろう。

アタシは、この事実をとにかく「ひた隠し」にした。

国家機密並のトップシークレットとして、

誰にも語らず、

(いや、落ち込んでいたので、

 職場のH・N・Kにゲロした)

スナイパーの陰に怯えながら、

過ごすこと数日。

そして、

ようやく、

ぴあだかローチケだかの先行にて、

「小田日和」参加の権利を

得るコトが出来たのでアルっ!

いやぁ~、

天は我を救いたもうた。

ココに至るまで苦節ウンか月!

アタシは、

夢番地先行での粗相なぞおくびにも出さず、

めがねざるに、

「当たったデ!ホンマ、苦労したデ!」

と、恩着せがましく言い放ったのでアル。

・・・と、言うワケで、

次回はいよいよ、

「小田日和」の「お」は出るのかっ?

続く!!!

オイ、コラ、POKI!

ホンマ、エエ加減にせぇよ!

また「続く」かいっ!

・・・と、お怒りのチミ、

「ポチ」だけは忘れずに押して帰ろうね。

押すべし。
   ↓

 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

えぇ、

アタシだって、エエ加減にしたい。

早く、「スピッツGOスカ」のコトが書きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 8日 (水曜日)

続・「小田日和」を語るオンナ

~前回からの続き~

さて、

まだ、

「小田日和」の「お」も語っていないアタシだが、

まだまだ、

無駄に長い、

イントロダクションは続く。

テアトロンで、

天下の小田さんの、

圧倒的な「スターオーラ」に、

ヤラれにヤラれまくったアタシは、

いつか機会があれば、

小田さんのライブに行ってみたいと思っていた。

そして、

その機会は、

2011年7月29日(金曜日)にやってきた。

本来なら、

4月8日が、

念願の「小田さんライブ」の日であったのだが、

2011年3月11日、

東日本大震災により、ライブは延期された。

この時は、

たくさんのアーティストのライブが延期になり、

スピッツもマサムネが「急性ストレス障害」で、

ライブが延期になった。

まぁ、

今日は「スピッツ」のコトはええ。

スピッツの記事は、

この連載が終わったら、

ドドォ~ンと書く予定だ。

えぇ、

スピッツのFC限定ライブ「GOスカ」に行ってきたんだよ。

なんばハッチ、

初めてのスタンディング!!!

いやぁ~、コーフンしたっ!!!

・・・って、

おもっくそ、脱線しとるやないかい。

とっとと、

「小田日和」を語りやがれ。

そう、

テアトロンで生オダを見てから、

念願だった小田さんのライブ。

そこで、

アタシは更に更に、

小田さんにヤラれるコトになる。

その時の記事は、

バックナンバーで2011年の7、8月辺りを、

検索してくれたまへ。

とにかく、

ヤラれにヤラれまくったPOKIは、

小田さんを「神」と崇め、

小田さんライブに行かなかった、

それまでの人生を激しく悔いた。

そして、

これからの人生を、

全て小田さんに捧げる!!!

・・・と、その時は、思った。

まぁ、

結果として、捧げてへんけど。

人生の全てを小田さんに捧げきれなかったPOKIだが、

これからも小田さんのライブがあれば、

行くゼ!

行ったるでぇ~!

ぐらいは思っていた。

そして、

Facebookでフォローしている、

小田さんのオフィシャルの記事から、

今回のツアーが始まったコトを知ったのである。

これはもう、

何を置いても行くべきだろう。

たとえ、

仕事をクビになろうが、

ダンナを質に入れようが、

そんなコトは知ったこっちゃない!

・・・と、いうワケで、

スタレビは卒業した「めがねざる」だが、

小田さんライブには行くに決まっているので、

早速、ツアー日程を連絡し、

「アンタ、いつ行く?」

と切り出したトコロ、

「9月の神戸がエエな。」・・・と。

そこで、

「ローチケ」だか、「ぴあ」だかの、

1次先行に応募したのだがっ!

コレが、

第二希望、第三希望の大阪も外れ、

その後の2次先行でも、

ことごとく外れ、

天下の小田さんの人気ぶりと、

己のくじ運のなさを

まざまざとみせつけられ、

もう、ホンマ、落ち込んだ。

そして、

小田さんライブは、

アタシの中では、

初めからなかったコトにしようと、

騙し騙し暮らしていたある日、

追加公演が広島であるという、

ビッグニュースが飛び込んできたっ!

そうと知ったら、

これはもう、

何を置いても行くべきだろう。

たとえ、

仕事をクビになろうが、

ダンナを質に入れようが、

そんなコトは知ったこっちゃない!

行く気マンマンで、

早速、

「夢番地」の先行に申し込んだのだがっ!

そこには、

トンデモナイ落とし穴が待ち構えており、

アタシは奈落の底へと

突き落とされるコトになるのであった。

さて、

アタシが突き落とされた「奈落の底」

とは、一体・・・

次回へと続く!!!

皆様は次回と言わずに本日も「ポチ」押すべし。
                   ↓

        にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年4月 1日 (水曜日)

「小田日和」を語るオンナ

忘れもしない、

アタシが初めて生で小田さんを見たのは、

2007年5月19日、

スタレビ25年に1度の大感謝祭6時間ライブ

@さいたまスーパーアリーナ

でのことだった。

いや、

ウソです。

まるっきり忘れてた。

2008年7月27日、

スタレビの聖地「テアトロン」が、

生の小田さんを見た最初だと勘違いしていたのだが、

その前年にさいたまで見ていたと言う事が、

このブログのバックナンバーを検索していて判明した。

まぁ、

そんなコトは、

どぉ~でもエエ。

正直、さいたまでの小田さんよりも、

テアトロンでの小田さんの方が、

アタシの記憶の中では、

鮮明であったのだ。

なんせ、

あの時は、

マサカ、天下の小田さんが、

シークレットゲストで登場するなど

思いもよらなかったし、

まして、

天下の小田さんが、

テアトロンの客席を練り歩くなんて、

想像もつかなかったし、

しかも、

天下の小田さんが、

練り歩いた場所が、

アタシの客席の近くだったことで、

要さんより、

天下の小田さんを、

ガン見してしまうという、

不測の事態が起きるなんて思ってもみなかった。

実は、

その時まで、

アタシは天下の小田さんの事が、

「めっちゃ好きやねん!」

という状態ではなかったのに、

まるで、

磁石に吸い寄せられる砂鉄のように、

要さんの存在すらも忘れるほどに、

天下の小田さんしか目に入らなかった。

きっと、

あれがスターのオーラと言うものだろう。

・・・って、

どんだけ、

「天下、天下」言うねん。

ええ加減にせぇ。

・・・アタシは今でも目を閉じれば、

あの日、

あの時、

あの場所での、

どこまでも青く澄み渡る空へと広がっていく、

小田さんの清々しい歌声と、

その足元の白いスニーカー、

そして、

軽快で爽やかなフットワークが、

瞼の裏に蘇ってくるのだ。

な~んちゃって。

ちょっと、詩的に綺麗に書いてはみたけど、

実は、

あの日のテアトロンの空が、

どこまでも青く澄み渡っていたか、

小田さんが白いスニーカーを履いていたのかは、

記憶に定かではナイ。

まぁ、

ジジィ(←失礼な!)の割に、

軽快なフットワークだったというコトだけは覚えている。

こんな、ボケ老人のアタシでも。

とにかく、

ボケ老人であるが故、

もしかしたら、

あの日の小田さんのコトを、

脳内で、

アタシのエエように変換しているだけかもしれないが、

思い出は美しい方がいいのだから、

これでイイのだ。

バカボンのパパなのだ。

・・・って、

オマエはいつになったら、

「小田日和」のコトを語るつもりなんだ???

などと、

PC、

若しくはスマホを見ながら、

突っ込んでしまったカモしれない。

過去のアタシのライブ参戦記事を、

読んだことがあるお方なら、

もうおわかりだろう。

アタシのライブ参戦記事は、

ムダに長いイントロダクションで始まっておきながら、

最後は飽きてきて、

「やっつけ仕事」になってしまうという、

クソのような内容だと言うコトを。

・・・と、

言うワケで、

「小田日和」の「お」の字も出ないうちに、

終了しようと思う。

因みに、

今回のツアータイトルの正式名称は、

「本日 小田日和」である。

では、あるが、

本日は、

小田日和の「お」も出ない。

多分、次回も出ない。

とりあえず、

次回へと、

続く!!!(←久しぶりに最大太字使ってみた。)

皆様は次回と言わずに本日も「ポチ」押すべし。
                   ↓

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月29日 (日曜日)

○○にハマるオンナ

実に久しぶりにカラオケに行った。

最近、イヤな事が多かったので、

カラオケでウサを晴らしたのだが、

コレが実に気持ちエエ。





ムスメと行った数日後、

仕事帰りに、

つ、つ、つ、ついに!

「ヒトカラ」なるモノをやってみた。





だだっ広い部屋に通された時は、

「オイオイ、マジか!」

と、おののいたのだが、

2時間、歌いまくりましたとも。





ヒトカラ、エエわ!

ハマりそう。





本当は「ジュディマリ」とかを、

かわいく歌いたかったのだが、

まともに歌える曲がなかった。

iPhoneのアプリで練習して、

再チャレンジだっ!

僭越ながら「ポチ」頂けると嬉しい。
        ↓

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々の「大型連載」のオンナ・・・のつもりが、

アタシの記憶が確かなら、

昨年の7月16日の、

「スピッツ@大阪城ホール」以降、

ライブに行っていない。

・・・いや、

正確には、

12月に「稲垣潤一」に行ってはいるが、

これは単なる「お付き合い」であり、

自分から求めて行ったものではナイ。

でも、

その割に、

端っこではあるが、

2列目というかぶりつきの席だったのだけど。

そして、

お付き合いとは言いながら、

十分に堪能したんだけれど。

まぁ、

この際、「稲垣潤一」のコトは置いといてだな、

実に半年以上もライブはご無沙汰だったのだが、

1月29日(木)に、

Img_0007

Img_0006

ジャジャ~ン!

明治安田生命プレゼンツ、

「本日・小田日和」@広島グリーンアリーナ!

行ってきたゾイ。

・・・と、

2月2日にココまで書いて、

そのあとずぅ~っと放置!

えぇ、

この時は、

小田さんライブの興奮を

久々の大型連載にてお届けする気マンマンでいたのに、

ずぅ~~~~っと、放置。

ハイ。

小田さんのライブは、

今回も鳥肌が立つほどに良かったっス。

恒例の「ご当地紀行」も、

存分に楽しませて頂きました。

その感動を、

リアルタイムでお伝え出来なかったのは、

痛恨の極み。

しかし、

今更、

お伝えしようと思っても、

もう、

あの時の感動も薄れ、

思い出されるコトと言ったら、

「オンステージシート」が当たらなかったコトと、

新幹線の時間が気になり、

アンコールの最後の曲が聴けなかったコトぐらいのものだ。

・・・と、いうワケで、

小田さんライブの一件は、

これにて、

ご勘弁頂きたい。

皆様は「ポチ」はご勘弁なんて言わないでクレ。
      ↓

にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧