カテゴリー「スタレビ・山崎まさよし」の記事

2013年10月13日 (日曜日)

続・サンマるオンナ

~前回からの続き~

・・・と、言っても、

サンマリがあったのは8月31日。

こんな昔の話題なぞ、

今更、ダレが読むんだ???

しかも、

記憶はほとんど薄れかけているし。

・・・って、コトで、

ここからは、

ボケ老人の如く、

おぼろげな記憶を頼りに書いていくので、

ほとんど為になる事は書けない。

いや、

元々、アタシの記事で為になるコトなんてあったか???

って、ハナシだが。

まぁ、

そんな前置きはさておき、

まさよしのあとに登場したのは、

オーガスタの後輩である「さかいゆう」クン。

彼は爽やかな歌声とピアノで、

井川遥さん出演のCM曲である、

「薔薇とローズ」ほか、

何曲かを歌い上げた。

しかし、

「薔薇とローズ」って、

よく考えたら、

ってか、

よく考えなくても

「薔薇」を英語で「ローズ」って言い換えただけやん!!!

と、まぁ、

そんなコトもさておき、

ゆうクンのステージで記憶に残っていることと言ったら、

とにかく、

サポートメンバーが凄かったってコト。

何が凄いって、

サポメンが外人だったってコトだ。

外人!

ギョ~カイ風に言うとジンガイ!!!

こんなコトを言うと大変に失礼だが、

サポメンだけ見ると、

まるでアチャラの大物アーティストのようだった。

これにはモレノ大ウケ!

そんな凄すぎるサポメンを引き連れてのゆうクンだったが、

実は彼の経歴だって結構凄い!

凄い!

ギョ~カイ風に言うとゴイス~!!!

まぁ、

そんなこともさておき、(←さっきから、「さておき」過ぎやろ!)

凄すぎる彼の経歴というのは、

高知県で漁師の子として生まれたゆうクンは、

ハタチで上京し、

音楽の専門学校に通ったあと、

22歳で単身渡米し、

独学でピアノを始めたというコトだ。

単身で渡米というのも凄いが、

独学でピアノなんて弾けるのか???

やはりこれは天賦の才能というヤツか。

そういえば、

スキマのシンタくんも、

高2で初めて鍵盤を弾いたというのだから、

彼も天才なのだろう。

と、まぁ、

そんなこともさておき、

さかいゆうクンのあとは、

「森恵」さんと「押尾コータロー」さんが登場したのだが、

ここで2度目の休憩のため我々は席を外したので、

お二人のステージの様子はわからない。

そのあとに登場したアンジェラアキさんだが、

まぁ~とにかく色っペ~人だわ。

モレノが、

「TVで見るより色気があるな!」

と、言っていたのだが、

本当にその通り!!!

そして、

よ~喋る!!!

アンジェラ曰く、

「生もみじ」にいたく感動したらしく、

「美味しい!」と、

テンション高く言っていたのが記憶に残っている。

そんなアンジェラのステージは、

風格があるというか何というか、

抜群の歌唱力で、

まるで外タレのようだった。

ブルーハーツのカバーでやった「トレイントレイン」の、

「トレイン」の発音ももう完璧英語やったし、

ホンマ、外タレの風格やったわ。

で、

色っペ~アンジェラのあとは、

いよいよ、

アタシ的、盆と正月である、

「スタレビ」が登場。

いや~、

待ってましたっ!!!

この日は、

KANさん、馬場俊英さんとご一緒で、

それぞれの頭文字をとって、

「SKBオールスターズ」やて。

昨年のサンマリでは要さんが、

自分たちのことを「EXILEの弟分」だと言っていたが、

今回は「SKB」て!!!

そんな、

おちゃらけたネーミングではあるが、

やはりステージは圧巻だった。

ライブのコツを心得ているというか何というか、

とにかく「盛り上げ上手」!

彼らの曲をあまり知らない人たちでも、

グイグイと惹きつけるところは流石としか言いようがない。

この日の馬場さんの曲で、

アタシが知っていたのは「スタートライン」だけだった。

あと、記憶に残っているのは、

「ラーメン、ラーメン」と連呼する曲。

あとで調べたら、

「ラーメンの歌」やて。

そのまんまやないかい!

KANちゃんの曲では、

「すべての悲しみにさよならするために」。

この曲は好きだ~。

そして、「愛は勝つ」。

やはりヒット曲があるというのは強みだな~。

と、感じた。

あのイントロを聞くだけで、何の曲かすぐにわかるし、

リアルタイムで聞いたことがない人たちでも、

おそらく耳にした事がある曲だと思うし、

いや~、「ヒット曲」って、大事でっせ。

と、まぁ、

そんな事を感じながらの、

SKBオールスターズのステージ。

スタレビのこの日のセットリストは、

「今夜だけきっと」

「と・つ・ぜ・んFALL In LOVE」

で、踊りまくり、

「愛の歌」は、

会場の皆さんと大合唱。

そんな大盛りあがりのあとは、

大トリの「さだまさし」さんの登場だったのだが、

終演時間を大幅に過ぎていたため、

途中退場で泣く泣く帰りましたとも。

後でサンマリ検索でどなたかのブログを読んだら、

「風に立つライオン」をやったらしく、

スゲ~聴きたかったな~。

そうそう、

帰りの新幹線では、

久しぶりにスタ友さんともお会い出来たし、

来年も出来れば、

スタレビとまさよし出てくれんかな~?

そして、

出来れば、スキマも同じ日に。

・・・と、いうワケで、

何の為にもならないサンマリの記事は終わり。

どうしても今日中にこの記事を書き上げたかったので、

なんかテキト~感が否めないのだが、

その理由は、

Img_1069_1_1


明日、コレ↑に行くからだ。

「山崎まさよし・SEED FOLKS IN OKAYAMA」

さて、

この記事はリアルタイムで書けるかな~?

次回への期待を込めて「ポチ」ちょんだい!!!
               ↓↓↓

  
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2013年9月26日 (木曜日)

サンマるオンナ

~前回からの続き~

さて、

濡れ鼠になりながらも、

なんとかグリーンアリーナにたどり着いた我々。

日頃の行いゆえか、天に見放され、

服も靴もベチョベチョだが、致し方ない。

なに、

この濡れたカラダも、

これから始まる熱ぅ~いライブで、

すぐに乾くに違いない。

昨年のサンマリでは、

出発時間が遅かったため、

お目当ての「スキマ」を見逃すという痛恨のミスを犯した我々。

今回こそはその轍を踏まぬよう、

早めに出たら大雨にやられるという、

ホンマどこまで日頃の行いが悪いねん!

そして、

座席に関しても、

サンマリではロクな席に当たったことがなく、

今回もロクでもない席ではあったのだが、

それでも文句は言ってられない。

仕事が運良く休みになったコト、

元ヘルの身内の不幸にも、

職場へとんぼ返りしなくて済んだコトだけでも、

ヨシとしなければなるまい。

まず、

オープニングアクトは、「Salley」。

まだ若い女性のアーティストでグリーンの衣装が可愛かった。

お次は「PE'Z」というバンドの方々だったのだが、

ここは、ゴメンナサイということで退席し、

屋外で行われている「サンマリ・グルメフェスタ」を

冷やかすことにした。

この日は前述の通り、

台風接近のため雨模様で、

グルメフェスタも未出店のところがあり、

かなりのショボさであったが、

これからの長丁場に備え、腹ごしらえを済ませ、

席に戻ると、

朋ちゃんこと、「華原朋美」さんの登場。

朋ちゃんはバックバンドも従えず、

「I'm proud」ほか全曲をカラオケで歌い通した。

その潔さに感動するとともに、

やはり一時代を築いたアーティストだけあって、

長いブランクがあったにも関わらず、

その歌唱力は流石だと思ったし、

とにかく歌うのが楽しくて仕方ないという印象がして、

とても好感が持てた。

今回同行してくれたモレノの、

一番のお目当ては朋ちゃんだったらしいが、

モレノのヤツ、

「それにしても、

 今回のサンマリは目玉がおらんな!」

と、とんでもねぇ発言をしやがる。

いやいやいや!

スタレビとまさよしがいるじゃん!

盆と正月やん!!!

と、

アタシ的には大きな目玉が二つもあったがな。

さて、

朋ちゃんのステージが終わり、

お次は誰か???

と、

思っていたら、

なんと!

イキナリの「まさよし」!!!

この日の出演者のラインナップから、

まさよしはまだまだ出て来ないだろうと思っていた所に、

アタシ的目玉の一つである「まさよし」て!

そんな~急すぎるぅ~!!!

アタシまだ、ココロの準備が出来てへん!!!

ナニをしてくれるねん、サンマリ!

このような番狂わせがあるので、

サンマリだっきゃ~油断できねぇ。

突然のまさよしの登場に、

「ちょっと待って~!

 急すぎる~!アワワワワ!!!」

と、慌てふためくオバハンのことなど、

知ったこっちゃなく、

お久しぶりの愛しいまさよしのステージが始まる。

この日のセットリストは、

新曲のFlowersを含め、

「Redemption song 」

「アレルギーの特効薬」

Passage」

「Fat mama」

「晴男」

そして、

押尾コータローさんとの、

「月明かりに照らされて」。

限られた持ち時間の中で、

MCもあまりなく、

どんどんと曲を進めていくのだけれど、

とにかく、

お久しぶりのまさよしは、

カッチョエエ~~~!!!

このカッチョエエまさよしを見たら、

さすがにモレノも惚れるやろ!

と、ドヤ顔で、

「カッチョエエじゃろ~!!!」

と、言うと、

マサカの、

「まぁ、人それぞれじゃからな~!」

発言が飛び出た日にゃ~、

もう、オバハンどビックリ!

あぁ、

人それぞれデスカ・・・

あのような、

カッチョなまさよしを見て、

ポワワワワァ~~~ン!

て、ならねぇなんて、

チミの目は節穴ですかな?

そんな、

アタシの心の声がモレノに聞こえるはずもなく・・・

えぇ、

そんな節穴オンナはほっといて、

あたしゃ~まさよしのステージを、

思う存分楽しんだわよ!

ところで、

後でわかったことだけど、

まさよしの出番が早かったのは、

翌日に宮崎でのライブを控えていたからだった。

・・・と、

いうワケで、

目玉の一つである、

まさよしのステージも終了したけど、

サンマリはまだまだ続くよ~。

そして、

アタシの記事も続く!!!

次回への期待を込めて「ポチ」ちょんだい!!!
               ↓↓↓

  
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2013年9月17日 (火曜日)

お久しぶりに○○のオンナ

少し前のことになるが、

8月31日の土曜日、

広島グリーンアリーナで行われた、

「サウンドマリーナ2013」に参加してきた。

サンマリには、

2012、2011、2009と、

過去3回参加している。

中でも、

2011のサンマリは、

スタレビ&まさよし出演という、

アタシにとっては、

盆と正月がいっぺんに来たようなウホホの年だったのだが、

な、な、な、なんとっ!

今年のサンマリも、

スタレビ&まさよしがご出演というコトで、

この情報を目にした途端、

「行きたい!行きたい~!!

 行きたぁ~~~い~~~!!!」

と、

矢も盾もたまらず行きたいキモチが日に日に高まっていた。

だが、しかし!

我が職場は、

只今、空前の人手不足につき、

8月17日に高校の同窓会出席のため、

ムリを言って休み希望を出していたので、

その上、月末の棚卸がある31日に、

「休みたいんスけど・・・」

なんて事を言おうものなら、

「ワレ、ナメとんかコラ!!!」

と、怒鳴られそうな気がしており、

小心者のアタシは、

もう、100%諦めていたのであった。

それがっ!!!

8月のシフト表を貰ったら、

なぁ~んとっ!

31日が休みになっているじゃあ~りませんかっ!

これは、常日頃のアタシの、

清く正しい行いが天に通じたとしか思えない。

と、いう訳で、

行きましたよ!

行ってきましたよ!

この日は、

前日から台風が近づいており、

「やるのか?やれんのか?サンマリ!」

と、

かなり天候が心配されたのだが、

岡山を出るときは雨も止んでおり曇空。

天はまたもやアタシに味方したな!

やはり清く正しい常日頃の行いが・・・

と、悦に入っていたら、

広島に近付くにつれ、

なんだか、怪しい雲行きになってきた。

同行者のモレノが、

「やっぱり雨じゃな~。

 アタシ、サンダル履いてきた~。

 傘も持ってねぇ!アホじゃ!」

と、言い、

アタシも折りたたみ傘は持っていたのだが、

サンダル履きであった。

天が味方しているつもりの、

清く正しく美しいアタシは、

実を言うと、

「雨が降る!」なんて発想はサラサラなかったので、

モレノに言われるまで、

自分がアホだとは思っていなかったのである。

このアホ姉妹、

富士山に軽装で登って遭難するタイプやで。

そんな、

天に見放されたアホ姉妹が、

広島に到着すると、

やはり雨が降っていた。

まぁ、

雨だろうがなんだろうが、

大荒れの天気ではなかったし、

サンマリの会場は広島グリーンアリーナで屋内だし、

全然問題ないっしょ!

・・・と、思っていたのだが・・・

広島駅からグリーンアリーナの最寄駅まで、

バスに揺られている間に雨足はどんどん強くなり・・・

バスを降り、

グリーンアリーナへの道を歩いているうちに

サンダル履きの足元はベチョベチョ、

折りたたみ傘からはみ出した体もビショビショ

という、情けない格好になってしまったのである。

しかも、

広島駅に着いた時に、

元ヘルから電話が入っており、

折り返しかけてみると、

「お姉さんが今朝亡くなって、

 山口に帰らないとダメなんよ~!」

というトンデモナイ内容で、

いやいやいや、

そんなコト言われましても、

アタシ今、広島ですから・・・

と、

もしかして、

広島から職場へとんぼ返り???

と、いう、

マサカの大どんでん返しを恐れていたが、

それは何とか免れる事ができた。

しかし、

グリーンアリーナにたどり着いた我々は濡れ鼠。

「グッズ売り場にタオル売っとるかな?

 誰のでもエエからTシャツ欲しいな~。

 靴下やサンダルは売ってねぇよな~?」

と、

もはや、

アーティストのグッズが欲しいとか、

そんなレベルではなく、

とにかく、

この濡れたカラダを何とかしたい一心で、

グッズ売り場を物色していたのである。

でも、

このようなグッズは大概高いので、

「まぁ、ライブ観てるうちに乾くやろ!」

ということに落ち着き、

いよいよ!

サンマリ観戦となるのであるが、

長くなったので、

それはまた次回のおはなし。

と、いうワケで、

久々の続きだよ。

次回への期待を込めて「ポチ」ちょんだい!!!
               ↓↓↓

  
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年12月28日 (金曜日)

どぉ~しても書きたいオンナ

本当なら、

前回の排水口詰まり事件の続編を書くべきなのだろうが、

今日はどぉ~しても書きたいコトがある。

ソレハ、

12月8日(土)の

「スタレビB.O.N.Dツアー@岡山市民会館」と、

12月27日(木)の

「山崎まさよしSEED FOLKSツアー@岡山市民会館」

のコトだ。

今年は年明けから、

LEOの病気のことで、

散々胸を痛め、何度も泣いたけど、

要さんとまさよしに会えたコトは、

今年最後にとても素敵な贈り物をもらった気がする。

要さんもまさよしもカッコえかったぁ~!!!

その詳しい内容は、

また後日(・・・って、いつになるのか?)

書く事にするが、

とりあえず、

月並みな表現ではあるが、

感動したってことだけは、

どぉ~しても書いておきたかったんだ。

Img_0549_1_1

↑画像はクリスマス過ぎて焼いた「クリスマスケーキ」。

スポンジは膨らまず、

生クリームのナッペと絞りに失敗したため、

フルーツで誤魔化してみた。

でも美味かった!!!

来年はもっと上手に作るぞ~!

とりあえず、「ポチ」も押して欲しい。
         ↓

  
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2011年9月30日 (金曜日)

サンマリのオンナ~最終章・後半~

~前回からの続き~

トリだというのに、

いつものように淡々とステージを進行するまさよし。

でも、

少し緊張していたのか、

「深海魚」では使わないハープホルダーをセットしたりして。

こんな調子で最後までいくのかと思っていたら、

「サダさん」ことCOILの「岡本定義」さんが登場!!!

出た~!

「さだまさよし」だ~。

アタシにとっては、

数年前のしこちゅー以来の「さだまさよし」だ。

・・・と、ここで、

「さだまさよし」ってダレ???

「さだまさし」の間違いじゃ・・・

と、思っておられる方もいると思うので、

簡単に説明すると、

「岡本定義」の「さだ」と、

「山崎まさよし」の「まさよし」をとって「さだまさよし」。

サダさんの正確な年齢はヤホーで調べても出てこないのだが、

一説によると1965年生まれらしいとのことで、

しこちゅーの時も若く見えると思ったけど、

この日もとても若く見えたなぁ。

ほら、

よく女の子が、

「いつまでも少年のような人が好き。」

とか言うたりして、

「そんな奴おれへんやろ~!」

と、こだま・ひびきみたいにツッコミたくなったりするけど、

サダさんてば、

結構なオッサンなのに少年ぽい人だわぁ~!

かなり好きかも。(←またまた浮気グセかい)

そんな少年のようなサダさんと、

「Let's form R&R band」とサダさんの「BIRDS」。

で、「さだまさよし」結成のいきさつや、

「さだまさよし」と名乗るからには、

やはり本家本元の「アノ方」に一言断っておくべきだろうと、

まさよしが酔ったイキオイで「アノ方」に電話した話しをしたあと、

「関白宣言の替え歌で、

トリだけれど盛り上がらないから、

ちょっと覚悟はしておけ・・・

とかなんとか歌っているところへ、

マサカの「ご本人登場」。

えぇぇぇ~!!!

マジ~~~!!!

これには会場中がオドロイタ!

まさよしがトリのからくりはこんなところにあったんだ!

とナットクしたアタシ。

本家本元の「さだまさし」さんは、

手土産にと人形焼きと雷おこしを持って登場し、

さすが大御所らしく軽妙なMCでたちまち笑いをとっていた。

サスガ!

今日ここに来ているお客さんは、

「関白宣言」など知らない世代だろう。

と言っておられたケド、

「さだまさよし」(←ヤヤコシイな)が、

替え歌を歌った時にかなりウケていたので、

まさよしが「そんなことないと思いますよ」

とかなんとか言っていたけど、

ホント、元歌の歌詞を知らない人には、

あの替え歌はわからないだろうな~と思った。

そして、

「関白宣言」の大ヒットからのちにアンサーソングとして作られた

「関白失脚」を披露してくれたのだが、

コレが「関白宣言」同様、

さだワールド全開の曲であり、

会場を笑いの渦に巻き込んでいた。

この「関白失脚」は曲調が短調になっており、

お父さんの悲哀がヒシヒシと感じられるのだが、

そこでよせばいいのにまさよしがトライアングルを

「チ~ン」と鳴らしたりして、

それをさださんが「よしなさいって!」

と止めたりする辺りが、

「漫才か!」というほど可笑しかった。

いやぁ~、絶妙のコンビネーションだったワ。

でも、歌の最後には♪~ガンバレ~ガンバレ~♪

という歌詞が連呼されるようになっていて、

関白失脚したお父さんへの応援歌のようであり、

また、その歌詞が、

今回の震災に対して、

東北ガンバレ!ニッポンガンバレ!!!

と言っているようでもあり、

会場中が♪~ガンバレ~ガンバレ~♪

と、大合唱になった。

まさよしがトリでどうなることかと思っていたけど、

(・・・って、失礼やな)

この曲で会場が盛り上がって、

ホンマ、よかったわぁ~!

で、

この♪~ガンバレ~♪の時に、

スタレビ、KANちゃん、AIちゃん、秦クンも登場し、

いよいよフィナーレとなり、

この時もKANちゃんは赤のアメフトのユニフォーム姿で、

「アンタ、またかよ!

 一体、何着持ってきとんねん!」

と、思ったのだけど、

いやぁ~、KANちゃんは最後まで笑わせてくれるわ。

・・・こうして、

長い長ぁ~いサンマリも終わり、

ようやく記事もなんとか書き終えることが出来た。

今回、おひとり様でも、

この長丁場を乗り越えてみて、

もう、一人でどこにでも行けるワ!

っちゅ~気になったのだけれども!

オールスタンディングのライブハウスツアーは、

やっぱ、一人ではよう行かん・・・

というコトで、

今回はナミダを飲んで断念したのである。

おひとり様でライブハウスて、

しかもオールスタンディングて、

オバハンにはかなりチビシ~と思うの。

仕方ないので、

ユニクロのCMのまさよし見て、

「アヘェ~!!!」

とか言うて悶えているしかない今日この頃。

今年の秋は寂しい秋だわ~!

とか言うてるうちに、

もうすぐ10月。

そしてスタレビ@岡山市民会館。

鼻血ブーもんの最前列で、

要さんへの愛を取り戻すゾ!

・・・って、

まだ取り戻せてなかったんかいっ!

あぁ、長くなったけど、

これにて最終章終了。

長々とお付き合いありがとう。

「ポチ」も最後までお付き合いくだされ。
  ↓     
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2011年9月26日 (月曜日)

サンマリのオンナ~最終章・前半~

~ちょっと前の続き~

えぇ!

これでもう終わりぃ???

と、かなりの物足りなさを感じたスタレビのステージも終わり、

次に登場したのはAIちゃんだった。

て、コトは???

トリはまさよし???

大丈夫?

やれんの???

いらぬ心配がアタマをよぎる。(←大きなお世話)

そんなアタシの心配をよそに、

ステージではAIちゃんのパワフルなステージが始まった。

AIちゃんは若い女の子に人気があるらしく、

客席のあちこちから聞こえてきたのは、

ほとんどが女の子からの掛け声で、

中には「AIちゃんカッコイイ~!」

って、叫ぶ女子も。

確かに歌も上手いし、カッコイイね。

曲は「Story」しか知らなかったけど、

何曲かをメドレーで歌ってくれたり、

まだタイトルも未定だという新曲も披露してくれた。

パワフルなAIちゃんの後は、

いよいよ、

本日のトリであるまさよしの登場だったのだけど、

時間を気にしてか、

帰るお客さんもチラホラ。

あぁ~ん、勿体ない。

せっかくだからまさよしのステージも見てってよぉ・・・

などと、アタシがココロで叫んでいると、

つ、つ、つ、ついに!

まさよしが、

で、で、で、出た~!

・・・って、オバケみたいに言うなよ。

いつものように、

飄々とした感じで登場したまさよしの1曲目は、

♪~AH~♪と伸びやかな歌声で始まる「シングルマン」。

なんとなく、OKSTを彷彿とさせながら、

トリという気負いもなく、

MCもいつもの調子で、

「最後なんで盛り上がりとか期待されているかもしれませんが、

 ずっとこんな感じでいきます。」

と、かなり脱力系。

うん、うん、

いつものスタイルでええのんよ。

そんな、

アナタがしゅきだからぁ~!

サンプラーを使ってパンディロのリズムをループさせて、

「ステレオ」。

サンプラーでは、

OKSTの時と同じく逆再生で、

「やまざきまさよしです」

「グリーンアリーナ、盛り上がってるかい~!」

ってのもやったりして笑いをとっていた。

「同じような曲が続きます。」

・・・と、「深海魚」と「未完成」。

たとえ同じような曲でも、

どちらもアタシの好きな曲で、

敢えて似たような曲をやるという、

そんな、

アナタもしゅきだから~!

↑しつけ~な!

エレピを弾きながらの「花火」。

「セロリ」では客席もお決まりのワイパーをしたりして、

まぁ、なんとなく、

少しは盛り上がっているのかな?

でも、ホントに最後までこの調子???(←失礼な)

って、

思っていたら!

出たよ!

マサカのアレが!

・・・ってとこで、

眠くなったので続く。

アレって何???

「ポチって何?」とか言わずに押せばいいのさ。
 ↓     
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月19日 (月曜日)

続々続々続・サンマリのオンナ

~前回からの続き~

てっきり「トリ」だと思っていた、

スタレビがまさか、まさかの登場である

サンマリのために即興で作った(?)曲で、

笑いをとったあとは、

「Amazing Grace」で、

ド迫力のアカペラを見せつけたスタレビの面々。

年齢層を上げてごめんなさい~

とか言いながら、

客席に向かって「オヤジ~!!!」

と叫ぶように強要する要さん。

盛り上がっているかい~?

と客席を煽っておきながら、

「それではしっとりとバラードを・・・」

と「木蘭の涙」を熱唱。

このセリフは「めざましライブ」でも言っていたよな。

こういうイベントではコラボも出来るということで、

みんなに声をかけたのだが、

それに応えてくれたのは2人だけだと、

KANちゃんと秦クンが登場。

KANちゃんは先程のグリーンのアメフトユニフォームから、

なぜか「燕尾服」にお召し替えしており、

要さんに「なんなんだよ!その衣装は!」

と、ツッコまれていた。

KANちゃんは、

「いや、やっぱりキチンとした服装のほうがいいかな?

 と思ったんですよ~。服ないんですよ~!」

などと言って、またまた笑いをとっていた。

ホンマ、可笑しすぎるワ、KANちゃん。

要さんとKANちゃん秦クン、

そして、スキマの大橋クンは飲み友達だそうで、

要さん曰く、

3人に酔わされるらしく、

「もっと年寄りをいたわれ!」

と、言っていたけど、

お会計はいつも要さんがするんだとか。(←サスガ!)

ちなみに、KANちゃんは、

「いつもサイフを出すフリ」をするそうだ。(←やりよるな!)

そんな、「飲み友達」の3人で「今夜だけきっと」。

「夢伝説」では秦クンが一生懸命盛り上げようとしているのが、

初々しくて可愛かった。

「と・つ・ぜ・んFall In Love」では、

お約束の「ブートキャンプ」で会場を沸かせていた。

しかし、

アタシの周りにはスタレビファンはいなかったなぁ。

「と・つ・ぜ・ん・・・」で盛り上がったので、

いよいよこれからがスタレビの真骨頂か!

・・・と、期待していたら、

「このあとはAIちゃんや山崎クンが出てくるので・・・」

というコトで、アッサリ退場。

えぇぇぇぇ~~~!!!

これで終わりて、アンタ!!!

早すぎないかい???

この盛り上がったキモチをどないしてくれるねん!!!

と、かなぁ~り不完全燃焼気味だったアタシ。

不完全燃焼はアカンで!

一酸化炭素中毒で死んでまうやないかい!

と、スタレビの皆さんに物申したいキモチで一杯だったのだが、

曲数は他の方々と同じくらいやってくれたみたいだった。

短く感じたのはアタシの思い過ごし???

・・・と、まぁ、

もう少し、

いや、もっと一杯スタレビのステージを見ていたかった。

という思いはあったケド、

要さんの口から、

「山崎クン」て言葉が出た時には、

思わず「アヘェ~!」ってなったワ。

アタシの名前が呼ばれているわけではないのに、

「山崎クン」て、「山崎クン」て、(←2回も言うな!)

なんか嬉しかったノダ。

さぁ、

サンマリのステージも残すところあと少し。

果たして「トリ」はAIちゃん??

まさよし???

それとも「サブちゃん」???(←んなワケあるかい!)

いよいよ最終章へと続く!!!

Img_5456

↑画像はスタレビ夏イベのセットリスト(@テアトロン)

 夏イベも終了したので解禁。

「ポチ」をよろしく。
  ↓
     
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月17日 (土曜日)

続々続々・サンマリのオンナ

~前回からの続き~

絶妙なトークで、

観客を爆笑の渦に巻き込んだ

KANちゃんのステージが終わり、

お次はガラリと雰囲気の違う秦クンの登場だった。

秦クンの歌は2年前のサンマリでも聴いたのだが、

独特な雰囲気のエエ声や~。

曲名は「アイ」しかわからんかったけど、

ギターも上手いし、

まさよしみたいにサンプラーも使っていた。

「朝が来る前に」では聖恵チャンを呼び込んで、

息もピッタリのハモりを聴かせてくれた。

今回のサンマリ、

1日目のスキマとさかいゆうクン、

2日目はまさよしに秦クン長澤クンと、

オーガスタの面々が多数参加していた。

これで、シカオちゃんも出てくれたら、

もっと良かったのに。(←贅沢を言うな。)

さて、

秦クンのステージも終わり、

次は「カサリンチュ」という、

奄美大島在住の2人組ユニットが登場したのだが、

膀胱に危機感を覚えたアタシは、

トイレ待ちの長ぁ~い列に並ぶことに。

そこで、

後ろに並んでいた方々の会話が聞こえてきて、

「カリサンチュ」と、

かなり惜しい言い間違いをしており、

アタシはココロで、

「カサリンチュやがな!」

と、突っ込んでいた。

ツッコミを入れたあとは、

オティッコも済ませ、

またもやグルメフェスタを冷やかすことに。

Image2191

画像がかなりブレブレだが、

帰りの新幹線で食べるため「府中焼き」なる

お好み焼きを購入し会場へ戻ると、

「次のステージまであと20分」

とのインフォメーションがスクリーンに映されており、

「今回はセッティングにえらい時間がかかるなぁ・・・」

と、イヤな予感が全身を貫いたのである。

・・・と、いうのも、

あと残すところ出演アーティストは、

スタレビ、まさよし、それにAIちゃんだったので、

アタシの中では、

「次はAIちゃんで、そのあとまさよし、

 そして、トリはスタレビで、

 最後、盛り上げに盛り上げて終わる。」

という筋書きが勝手に出来あがっていたからで、

照明の落ちたステージ上で、

何やらバンドのフルセットらしき

セッティングが組まれていくのを見ながら、

「まさか、まさかな。

 次がスタレビ違うよな?」

と、危惧していたのだが、

アタシの嫌な予感は見事に的中し、

スタレビの皆さんが登場してしまったのであるっ!

えぇぇ~!!!

そんなアホな!

芸歴からいってもスタレビが一番古いはずなのに、

コレは一体どうしたことだ???

そんなギモンがアタマをかすめたのであるが、

この際、そんなギモンは置いといて、

とりあえず、

スタレビのステージを楽しむPOKIであった。

果たしてトリは一体ダレなの?

もしかして「サブちゃん」???(←んなワケあるかい!)

続く。

「ポチ」をよろしく。
  ↓
     
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月14日 (水曜日)

続々続・サンマリのオンナ

~前回からの続き~

若い女の子に大人気だった「清水翔太」クンのあとは、

秦クンだった。

・・・と、前回の記事で書いたのだが、

なんせ、9月4日からすでに10日も経過しており、

どうもアタシの記憶力だけではアテにならないため、

よそ様のブログを拝見してみると、

翔太クンのあとはKANちゃんだったことが判明した。

アタシが「お気に入り登録」している

何人かのスタレビファンの方と、

何人かのまさよしファンの方々は

今回「サンマリ」に参加された方はいなかったようで、

それならと他のブログを「サンマリ」で検索してみたのだが、

コレが詳細にレポをUPしているものがなく、

閉口してしまった。

皆さんはインターネットで情報を得る際に、

どのように検索し、

有益な情報を得ているのか?

もし、何かコツがあれば教えて欲しい。

さて、

話を「サンマリ」へと戻すと、

KANちゃんが出演するというのも、

アタシにとっては「初耳」であったのだ。

ただただ、

要さんと(←スタレビって言わんかい!)

まさよし見たさに、

ノコノコと広島くんだりまでやってきたオンナである。

「広島グリーンアリーナ」の場所も、

当日になり慌てて調べるというていたらくであり、

「原爆ドーム」の近くらしい。

という情報を得ただけで、

「まぁ、ドーム近くでバスを降りたら、

 いかにもサンマリに行きそうな人のあとをつけていけば、

 どうにか辿り着くんじゃないか。」

などと、オマエはストーカーかっ!

というようなコトを考えており、

結果、どうにか辿り着いてしまったのだから、

他の出演アーティストのことなど知ったこっちゃない。

そんな状況でのKANちゃん登場である。

アタシにしてみれば、

「アラ、アンタも出るの???」・・・みたいな、

先程のカレーで腹も満たされたことだし、

オティッコも済ませたことだし、

「まぁ、とりあえずお手並み拝見。」

というような、

甚だヤル気のない態度であったのがっ!

コレが見事にヤラれてしまった!

緑色のアメフトユニフォームという

いでたちで登場したKANちゃんは、

それについては何も語らず、

イキナリ「愛は勝つ」を熱唱。

そのあとのMCで、

「今日はグリーンアリーナということで、

 緑の服がいいかな?

 と探してみたがコレしかなかった!」・・・と。

「僕、服をあまり持っていないんですよ~。」

と言いながら笑いをとっていたが、

完全にステージ衣装やろ!

KANちゃんはとにかくMCが面白かった!

正直、要さんより面白かった!

アタシはKANちゃんのことは、

初めて行った「テアトロン」の

スペシャルゲストで見たことがあったのだが、

あの時も確か、

ベトナムの民族衣装である「アオザイ」を着て登場し、

「衣装代はスタレビに請求する。」

とかなんとか、オモロイことを言っていた。

で、今回はアメフトで掴みはOKだし、

ピアノ弾きながらの歌はどれもステキだったし。

もう、まんまとヤラれた。

セットリストは、

「愛は勝つ」

「50年後も」

「まゆみ」

「よければ一緒に」

「世界でいちばん好きな人」・・・だった。(順不同)

「愛は勝つ」」と「まゆみ」は知っていたけど、

他の曲はわからなかったので、

帰ってから「goo音楽」というサイトで、

記憶に残っていた歌詞を頼りに曲名を調べたのであるが、

長澤クンの曲は、

マカロニグラタンがど~のこ~の、

という歌詞しか記憶に残らなかったのに、

KANちゃんの曲は、

アタシのココロに染みていたんだろうなぁ。

記憶力の甚だ怪しいオンナであるアタシが、

自分でもビックリするぐらいに覚えていた。

KANちゃんと言えば「愛は勝つ」しか知らない

そこのアナタ!(←って、アタシもほぼそんな感じ)

それ以外にもKANちゃんの曲はいいですゾ。

「よければ一緒に」は、

会場の皆さんと歌いましょう。

ということで、

「知らない人も同じメロディーがしつこいぐらいに

 グルグル回るので覚えられると思います。

 もし、これで覚えられない人がいたら、

 しかるべきところで診てもらった方が・・・」

というようなことを言い、

またまた笑いをとっていた。

この曲では、

「手拍子が早すぎる!」

と、客席にダメ出しまでする始末で、

「最初は手拍子なしでしっとりと、

 3パターンめから手拍子が入り盛り上がっていくように。」

と、細かく注文をつけていたのもおかしかった。

他にも、

「今日はこのあともいろんなアーティストが登場します。

 中には恥ずかしがり屋さんもいると思うので、

 ここらでいっちょ、ウェーブでもやっときますか?」

と言って、客席にウェーブを要求。

「楽屋に帰ったら、

 ウェーブで盛り上げときましたから!

 と、言うておきます!」

と、ホンマ、この人はどこまでも面白い。

いきものや翔太クンも会場を沸かせていたが、

KANちゃんは、

オーディエンスの心の掴み方を心得ているなぁ。

と、深く感心したのだった。

そんなKANちゃんのステージも終わり、

次は今度こそ秦クンの登場である。

・・・と、いうワケで、

まだまだ続くよ。

こうしてチンタラ書いているうちに、

10月16日の

スタレビ@岡山市民会館になったりして。

ここはいつからライブ鑑賞ブログになったのか?

ほかにも書きたいことはあるのに。。。

「ポチ」をよろしく。
  ↓
     
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年9月11日 (日曜日)

続々・サンマリのオンナ

~前回からの続き~

まさかの「いきものがかり」の登場により、

会場は一挙に盛り上がった。

特に、

アタシの席から通路を隔てた右隣の男の子など、

えらい興奮のご様子で、

ピョンピョン飛び跳ねていたほどである。

もちろんアタシもえらい興奮してしまったのだけど、

ババァゆえ、そこまでの体力もなく、

せいぜい「ピョン」ぐらいだったのだ。

さて、

「いきもの」の人達のあとは、

長澤知之クンの登場であった。

彼はまさよしと同じ「オーガスタ」の所属であるが、

アタシは名前は知ってはいたものの、

彼の歌は全然聞いたことがなかった。

ギター1本での弾き語りスタイルで、

何曲か熱唱してくれたのだが、

実はもうあまり記憶になく、

かろうじて覚えているのは、

マカロニグラタンがど~のこ~の・・・

という歌だけである。

見たトコロずいぶんと若いようだったが、

今、この記事を書くにあたり、

彼のことをヤホーで調べてみると、

27歳だそうだ。

案外歳いってるね。(←失礼な!)

しかし、

あれほど盛り上がった「いきもの」の後に、

ギター1本で登場というのは

さぞかし勇気のいることであっただろう。

彼はオーガスタのデモテープオーディションで、

その才能が認められたらしいが、

まさよしといい秦クンといい、

ギター1本でも

十分聴かせることのできるアーティストがいるというのが、

オーガスタのカラーのような気がした。

ちなみに、

オーガスタではデモテープをいつでも募集しているらしい。

腕に自信のあるそこのチミ、

送ってみては如何かな?

年齢性別不問だそうな。

長澤クンは緊張していたのか、

歌い終わってステージからはける時に、

壁を出口と間違えていたのが可愛かった。

長澤クンのステージのあとは、

清水翔太クンが登場したのだが、

大型スクリーンに彼の名前が映し出された途端、

「キャァ~!」っという黄色い声援があちこちから聞こえた。

しかしアタシは、

申し訳ないが彼にはあまり興味がなかったので、

会場を出てグルメフェスタを冷やかすことにした。

このグルメフェスタでは、

出演アーティストのご当地グルメということで、

スタレビの出身地である埼玉からは、

「行田ゼリーフライ」と「鮭とろ丼」が。

まさよしの出身地である滋賀(←のちに山口に転校)からは、

「近江牛のステーキ丼」が出ていた。

そして、

1日目に出演した「mihimaru GT」の

「miyake」こと三宅光幸サンは、

岡山出身だそうで(←アタシは知らなかった)

岡山からは、

2009年B-1グランプリ3位の「津山ホルモンうどん」と、

2010年B-1グランプリ2位の「ひるぜんやきそば」が出ていた。

が、しかし!

アタシが食べたのは、

埼玉でも滋賀でも岡山のご当地グルメでもなく、

Image2161

大阪、焼き肉たむらの「カレー」600円也であった。

お肉もたくさん入っていてなかなか美味かった。

たむらのカレーで腹を満たし、

再び会場に戻ると、

清水翔太クンのステージはまだ続いており、

虫歯が痛くなって広島の歯医者さんに行った話をしていた。

翔太クンは若い女の子にとても人気があるらしく、

「君が好き」の曲で、

♪~君が好き~♪と歌いながら、

客席を指差した時には、

またまた客席から「キャァァァ~!」

というような黄色い声援が飛んでいた。

そして、

翔太クンの後は秦クンが登場したのだが、

長くなったので次回へと続く。

「ポチ」をよろしく。
  ↓
     
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|