« 続々・フェスるオンナ | トップページ | 続々続々、フェスるオンナ »

2018年1月21日 (日曜日)

続々々、フェスるオンナ

〜前回からの続き〜

2017/12/28、
レディクレ の前夜だと言うのに、
なかなか荷造りが出来ない。

ワタシの嫌いなもの、「荷造りと荷解き」。

旅行は好きなのに、
その前後のこれらが大嫌い。

夜8時を回ってもまだヤル気が起きない。

そのうちモレノからLineが入る。
「何着て行くん?」

おぉ!
そうじゃった!

服装もまだ考えていなかった。

何しろ初参戦なので、
インテックス大阪、暑いのか寒いのかわからない。

そこでまたもやネットに頼る事にする。

いろいろ調べているうちに、
この日(28日)はB’zの稲葉さんの声の調子が悪く、
一時中断ののち持ち時間を残して終了とのニュースがっ!

不安がよぎる。
マサムネさん大丈夫かな?

その後もいろいろ調べる。
最早、服装の事より、
28日の様子などガッツリと。

おかげでムダな時間を過ごす。

しかも、
調べるにつれ、
不安要素しか入ってこない。

始発で行ったのに既に行列。
入った途端にリストバンド失くす。
いつもメガネが壊れる。
ぼっち参戦、行列だらけでフェス飯食えず。
帰りのクローク行列がヤバい。




そんな危険地帯に、
ワタシの様なオバハンが行って、
果たして無事に帰れるのか????

とりあえず始発では行けない。
新幹線予約しとるし。
(むしろ、始発じゃなくてオッケー、
行列なんてチョロい)
リストバンド、
失くさんようにキツく縛ろう。
(そのせいで、ちょっとした事件勃発)
予備のメガネ持って行こう。
(無駄な荷物を増やしただけ)
フェス飯が食えん時のためにオニギリ買うて行こう。
(全然余裕!オニギリやこいらん。)
クローク行列か、ホテル予約してよかった!
(でも、こんな地獄絵図じゃなかった)

と、
まぁ、ネットの情報(主に2チャン)
なんて、全くアテにならない。

さて、
時刻は既に午後10時をまわっていた。

荷造りはまだ何も出来ていない。
いたずらに時が流れただけであった。

そろそろ本腰を入れて取り掛かろう。
(って、おっせぇよ!)

娘の洋服を物色し、
めぼしい物をピックアップ。

夫も娘も忘年会でいないので、
ギャラリーのないファッションショーが始まる。
モレノにファッションチェックをしてもらうべく、
画像を送信。
この時点でモレノもまだ荷造りの最中。
(おっせぇぇぇ!)

とりあえず、
娘のジャンパーとバッグを借りよう。
Lineにて借りる旨、報告。
既読はつかない。

忘年会で盛り上がっているのだと思っていたが、
どうやらiPhone水没にてオシャカ。

娘と行く約束してなくてよかったがな。
レディクレ 前夜に血を見るとこじゃった。
電子チケットのに。

それにしても、
水没させるぅ???
もしホンマに行く事にしとったら、
後々まで語り継がれる伝説出来とったわ。
おっちょこにも程がある!

そうこうするうち、夫が帰宅。
部屋に散乱する洋服を一瞥して、
「何しょん???」
「明日の服よ!何着て行こうか迷う。」
「わかる、わかるよその気持ち。」

...って、
オマエ、
フェス行った事ないがな。
この前のYAZAWA、
ガッツリ普通のスーツ着とったやん。

そんな夫に助言を求める筈もなく、
ロンTの上に30/50のTシャツ、
さらに上にチェックのロングシャツ、
そして娘のジャンパーにバッグと言ういでたち決定。
荷物は30/50トートバッグへ。

本当はベルゲンで当たったサイン入りのTシャツとも思ったが、
危険地域につき破れてはかなわん。
アレは家宝じゃからな。

深夜零時過ぎ、
何とか荷造りも終わったが、
おえん!
興奮で寝付けないっ!

と思っているうちに寝てもた。

明けて29日。

いよいよその時が来たっ!

フンドシの紐をキリリと締めてイザ出陣じゃぁ〜!
ボォォォ〜!(ココロに響く法螺貝の音)




画像はあくまでもイメージです。

ってとこで、
しつこいようだが、
次回へと続く!!!

ホンマは入場ゲートまでは辿り着きたかった...

む、
無念じゃ...

ポチして続きを待て!


  


 にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ
















|

« 続々・フェスるオンナ | トップページ | 続々続々、フェスるオンナ »

スピッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々々、フェスるオンナ:

« 続々・フェスるオンナ | トップページ | 続々続々、フェスるオンナ »