« 不謹慎にも萌えまくるオンナ~番外編~(たとえ鬼母と呼ばれようとも) | トップページ | 送られるオトコと送るオンナ達~その2~ »

2011年4月 1日 (金曜日)

送られるオトコと送るオンナ達(いつもながら長文)

「プロジェクターのあるトコが

 エエな!」

全ては、

めがねざるの、

この「一言」から始まった。

この春、

メデタク静岡の某企業に就職が決まった、

モンキー長男の送別会を、

どうしようかと思案していた時のコトでアル。

「アタシこの前、

ある人の送別会に行ったんよ。

そしたらDVDを作っとる人がおってや~、

それがスッゴクえかったんよ!

泣いたワ。

何回も見て泣いたワ!」

と、

めがねざるは、

その時のことを思い出してか、

電話口でコ~フンした口調で語り始めた。

めがねざるのコ~フンは、

受話器を通してアタシの耳にビンビン響き、

荒い鼻息までもが伝わってくるようであった。

めがねざるがそのような提案をしなければ、

我々はどこぞの店にチンタラ集まり、

ダラダラ喋りながら、

とりあえずモンキー長男に、

「まぁ、元気でやれよ!」

ぐらいの言葉をかけ、

スズメの涙ほどの餞別をくれてやり、

グダグダのうちに送別会は終了する予定であった。

だがっ!

めがねざるのこの一言が、

「祭り好き」のアタシのココロに火を点けたのでアル!

よしっ!

やってやろうじゃないかっ!

モンキー長男の送別会を、

かくも盛大に、にぎにぎしく、

執り行ってやろうじゃないかっ!!!

・・・かくして、

アタシは鼻息も荒く、

まずは「会場探し」のため、

ネットの大海原へと漕ぎ出したのでアル。

さて、

手始めにお得意のヤホー検索にて、

「岡山 プロジェクターのある店」

と、やってみる。

そして、

一軒の店へと辿り着いた。

それが、

中山下にある、

cafe dining RIN RIN SHA」という、

なかなかオサレなキャッフェであった。

Img_5156

Img_5160

コチラのお店、

結婚式の二次会などでも使われているようで、

プロジェクターはモチロン、

無料オプションで、

「プロのカメラマンによる記念撮影」

「マイク完備」

「思い出のサプライズ演出」

などもある。

しかし、

ココで問題が一つ。

HPによると、

このオプションは、

3500円~となっている。

我々の予算は、

「おひとり様」、

2000円ポッキリ!!!

それ以上は出せない。

えぇ、ビタ1文たりとも。

だが、

コンナコトで諦めるアタシではない。

オバハンであるアタシは、

ダメもとで「リン・リン・シャ」に電話をかけ、

「チョイト、お尋ねしやすがね?

予算2000円なんスけど、

プロジェクターとマイクは、

お借りできないでやんスか???」

と、ずうずうしくも言ってみた。

すると、

お店のスタッフは、

こんなずうずうしいオバハンに、

「OK牧場!」(←ウソ。)

と、快く言ってくれたのでアル。

更にずうずうしいオバハンは、

「プロのキャメラマンによる記念撮影」

についても厚かましく問い質そうか???

・・・と、思ったのだが、

よくよく考えてみれば、

いくらプロの技をもってしても、

素材がザンネンな我々であるからして、

「こりゃ、撮ってもらうだけムダやな。」

というコトに気付き、

その件は涙を飲んで諦めた。

さぁ、

会場はとりあえず押さえた!

次は、DVD作りだっ!

と、

鼻息も荒く、

次のミッションへと駒を進めた、

「モンキー長男送別会プロジェクトチーム」。
(↑アタシ&めがねざる)

だが、

めがねざるもアタシも、

そのようなモノは作ったコトがナイ。

なにしろ我が家に、

「DVDデッキ」とかいう、

文明の利器が導入されたのは、

ついほんの、

1年足らずのコトであるからだ。

こんな、「原始人のようなオンナ」に、

果たして「デーブイデー」なるものが作れるのか???

漠然とではあるが、

アタシのアタマの中には、

「明治安田生命のCM」のような、

写真をスライドショーで見せ、

BGMに「小田和正」を使う。

・・・というような構想はあったものの、

なにしろ「原始人」であるからして、

どうやればそのようなモノがつくれるのか、

皆目ワカラナイ。

しかし、

作るからには、

モンキー一家を泣かせるような、

感動的なモノを作りたい。

アタシは、

アタマに描いた構想を、

めがねざるに熱く語った。

「今回のプロジェクトのテーマは、

ズバリ!『モンキー一家・大号泣スペッシャル』だっ!

オレはヤルゼ!

泣かせてみせようホトトギス!!!」

・・・と。

アタシの提案に、

めがねざるもノッてきた。

「おぉ!それは、よかこつばい!

小田さんの曲はエエな!

あの曲があれば、

あたしゃ~知らんどこぞのガキの写真でも、

泣けるばい!!!」

・・・と。

・・・と、

いうワケで、

「原始人オンナ」は、

様々な困難を乗り越え、

試行錯誤の末、

「明治安田生命パクリDVD」を、

作り上げたのだっ!

その苦労については、

次回から熱く語らせていただくが、

とりあえず、

出来あがったブツを見ていただこう。

・・・と、言っても、

今回「You Tube」にアップしたのは、

あくまでも「デモ」である。

怪しい我々の素性がバレるのは、

ちょっとヤバイので、

写真を差し替え、

ヤバイ人々は顔を隠し、

「だいたいこんな感じ」

というのをアップした。

それが、コチラ。
       ↓

本編終了後に「エンドロ-ル」も流れるので、

出来れば最後まで見て欲しい。

実際のDVDでは、

エンドロールに、

「友情出演」と「スペシャルサンクス」もあったのだが、

編集の段階で消えてしまい、

アップしてから気付いた。

しかし、

もう一度編集する気力はナイ。

気力はナイが「ポチ」はある。押してクレ。

そして、コメント返しはもう少し待ってクレ。

           
         押すべし。
           ↓

          
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ

|

« 不謹慎にも萌えまくるオンナ~番外編~(たとえ鬼母と呼ばれようとも) | トップページ | 送られるオトコと送るオンナ達~その2~ »

POKI一族」カテゴリの記事

コメント

ポキじゃ~~んっ!!!
アチキは大感動もんだわ~~~~~~!!!!!!
(*^。^*)

ポキちゃんって、良い女だね~~~~!
(エヘンッ!こりゃ、語弊があって、誤解を招くから、言い変えたら、、)
ポキちゃんって、良い人だね~~~~~!!!
(*^。^*)

ホント感動したわ。
イカスDVDが出来たね。
是非とも、またリアルにあって、モノホンの本編を見たいっ!

そんときはまた、アチキのネットブックをもっていくから、ポキちゃんは、このDVDを何とかフラッシュメモリへ入れてて下さいね。
おねが~~~いっ。
(*^。^*)

ちょっぴり暇になった、是非ランチ何ぞ行こう。
(*^。^*)

投稿: なお | 2011年4月 1日 (金曜日) 23時30分

なおさん、
DVD見てくれてありがとう。

モノホンのヤツは、
また今度ランチの時にお見せしますよ。

それまで、お楽しみに。

投稿: POKI | 2011年4月 5日 (火曜日) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 送られるオトコと送るオンナ達(いつもながら長文):

« 不謹慎にも萌えまくるオンナ~番外編~(たとえ鬼母と呼ばれようとも) | トップページ | 送られるオトコと送るオンナ達~その2~ »