« 続々々・浸りつつ書くオンナ | トップページ | 青春の思い出を振り返るオンナ »

2011年2月 9日 (水曜日)

続々続々・浸りつつ書くオンナ

~前回からの続き~

さて、

今回の「ツボさんライブ」では、

サポートの久保田邦夫さんの

ハモリが入った曲がたくさんあった。

前回は、

ふきのとうの曲でも、

あまりハモリがなかったように記憶しているので、

「もっとハモってくれればなぁ・・・」

と、思ったので今回はよかった。

ところで、

この記事を書くにあたり、

サポートの方のお名前がどぉ~しても思い出せず、

なんか、「国木田独歩」っぽい名前だったよな???

と思いながら、

「細坪基佳・サポートメンバー」

でヤホー検索してみると、

目出度くsnowさんのブログに辿り着いたというワケだ。

「久保田邦夫」と「国木田独歩」・・・

全然似てへんやん。

まぁ、

アタシの情けない記憶力はこの際置いといて、

久保田さんのハモリもよかったのですが、

ツボさんのギターの音色がね、

とっても柔らかで優しく美しいものだった。

ギターってこんな美しい音色が出るのねぇ・・・

と、いたく感動したのだ。

ツボさんの優しく甘い歌声にピッタリの音色だった。

この10日前に、

まさよしのOKSに行ったので、

果たしてまさよしの出すギターの音色は、

どんなものだったかいなぁ???

と、記憶の糸を手繰ってみたのだけど、

なんせ、情けない記憶力ゆえ、

ちっとも思い出せなかった。

でも、

ツボさんのような優しい音色ではなかったような・・・

やはりあの音は年輪を重ねないと出ないのかもねぇ。

だって、

まさよしの芸歴はツボさんの半分にも満たないんだもんなぁ。

フォークソングが全盛だった頃、

「叙情派フォーク」という言葉があった。

「叙情」の意味を調べると、

「感情を述べ表すこと」とあり、

特に音楽の世界では、

哀愁や切なさなど胸に訴えかける音律であり歌詞であったりする。

「叙情派フォークは女々しい」

という人もいる。

確かにふきのとうの曲を聴いていると、

「男が歌うには女々しいカモ・・・」

と思う時がある。

でも、

ふきのとうに限らず、

叙情派フォークと呼ばれるものを聴いていると、

その美しい音律や詩によって、

頭の中にその情景が見えてくる。

ただノリがいいだけの曲や、

何が言いたいのかわからない、

言葉遊びだけのような曲の多い昨今、

たまには、

ふきのとうの、

一服の名画のような曲達を聴いてみるのもいい。

きっと、ココロ洗われるハズだ。

ライブの後には、

CDを買った人はツボさんと握手出来ることになっており、

アタクシ、もちろん買いました。

歌声と同じように、

優しく「ありがとう。」

と言いながら握手してくれたツボさんの手は、

冷たくてそして少し温かだった。(←どないやねん!)

えぇ、

冷たさのあとに、

じんわりと温かさが伝わってくるというか、

まぁ、そんな感じ。

あの会場、寒かったもんなぁ。

おかげで、

MCの途中で泣く泣くオティッコに行ったもん。

ババァやもん。

あぁ、

また一つ、

忘れられない夜が出来た。

ところで、

ライブ終了後に、

夜ご飯を約束していたEちゃんは、

「POKIゴメン。ダンナが迎えに来てくれたんよ。帰るワ。」

と、そそくさと帰っていった。

ザンネンだな~。

ライブの感想などゆっくりと語りたかったのに。

それにしても優しいダンナ様じゃないか!

妬けるゼ、こんちくしょう。

その後、

Eちゃんにメールを送ったのだが、

ヤツめ返信してこない。

もしかして、メアド間違っているのか???

Img_5101

Img_5102

終了後の夜ご飯は、

韓国料理の「スンドゥブ」とかいうモノ。美味だった。

スタレビやまさよしもいいけど、

ツボさんの優しい歌声に癒されたくなる頃、

またこの街で、

ツボさんに逢いたいと思う。

きっとまた逢いに来ます。

昔の恋人に逢いに来るように。

↑ふきのとうの曲の中でも、かなり好きな一曲。

「ポチ」を下さい。
 ↓
               
             
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ

|

« 続々々・浸りつつ書くオンナ | トップページ | 青春の思い出を振り返るオンナ »

ふきのとう」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん浸ってんなぁ。

投稿: モレノ | 2011年2月11日 (金曜日) 00時03分

モレノくん、
チミ、久しぶりだね。
興味のない音楽ネタでスマンね。
えぇ、浸りまくっているよ。
やっぱり「ふきのとう」はアタシの原点だからね。

投稿: POKI | 2011年2月13日 (日曜日) 21時09分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々続々・浸りつつ書くオンナ:

« 続々々・浸りつつ書くオンナ | トップページ | 青春の思い出を振り返るオンナ »