« ○○好きなオンナ | トップページ | またまた○○好きなオンナ »

2010年5月19日 (水曜日)

続・○○好きなオンナ

~前回からの続き~

・・・さて、

念願だった「ガラスの仮面」は全巻読破した。

だが、「王家の紋章」には、

なかなか巡り合う機会もなく、

アタシはこのまま「エセ少女マンガ好き」として、

一生を終えなくてはならないのか・・・

と、思っていたら、

つい最近、知人のOさん宅(推定年齢65歳)で、

この本に巡り合ってしまったのである。

アタシはてっきり娘さん(推定年齢32歳)

が読むのだと思っていたら、

Oさんの蔵書だということでビックリしてしまった。

こう言っちゃあ失礼なのだが、

Oさんは、とてもマンガなぞ読むようなフンイキではなかったのだが、

本棚には「ガラスの仮面」も全巻揃っており、

これには2度ビックリである。

そして、アタシはココロで、

「アンタこそ真の少女マンガ好きだよ!」

と、褒め称えたのであった。

こうして、

思わぬトコロから「王家の紋章」を借りることが出来、

これでアタシもやっと、

「少女マンガ好き」が名乗れるというワケである。

ところで、

「王家の紋章」は、

古代エジプトの史実に基づいた作品だと思っていたのだが、

21世紀の娘である「キャロル・リード」が、

ひょんなことから古代エジプトにタイムスリップし、

ファラオの妻になるという話で、

古代文明好きのアタシには、たまらないマンガである。

物語は、このキャロルを巡って様々な事件が巻き起こり、

コレ、「昼メロ」にしたら面白いだろうな~!

と、いうくらい、

よくもまあ、次から次へと事件が起こるのである。

ただ、ザンネンなことに、

コチラも未完のままなのだ。

ところで、

我が夫も相当の「少女マンガ好き」であり、

ヤツのコレクションに、

くらもちふさこの「白いアイドル」があったのには、

ビックラこいたのである。

そんな、夫のオススメは、

「吉田秋生」であり、

アタシも「BANANA FISH」を読んで、

スッカリ魅力にハマってしまったのだ。

吉田作品に出てくる男の子は、

どれもこれもめちゃめちゃ、カッチョエエ!!!

 【中古】少女コミック BANANA FISH 全19巻セット / 吉田秋生【10P17may10】  【中古】少女コミック BANANA FISH 全19巻セット / 吉田秋生【10P17may10】

販売元:ネットショップ駿河屋 楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する

ヤツはどうやら「少女マンガ好き」というより、

マンガ全般が好きなようである。

マンガであれば、なんでも来い!のようだ。

その中でも特に好きなのは、巨匠「手塚治虫」らしい。

このように、

夫婦揃ってマンガ好きなので、

必然的にムスメもマンガ好きに育っており、

ムスメコレクションの中で、

アタシの一番のオススメは、少女マンガではなく「銀魂」である。

 銀魂  34 銀魂  34
販売元:セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)
セブンネットショッピング(旧セブンアンドワイ)で詳細を確認する

コチラはテレビでも放映されており、

オゲレツでバカバカしい作風が、

我が家の家風にピッタリとマッチしており、

家族揃ってバカ笑いしながら毎週見ているのだ。

・・・そんなワケで、

POKIはいくつになっても、

「少女マンガ好き」を名乗っていたいと思っている。

「ポチ」も欲しいと思っている。
 ↓                   

         
    
にほんブログ村 お笑いブログ 自作面白ネタへにほんブログ村 主婦日記ブログ ぐうたら主婦へ人気ブログランキングへ

|

« ○○好きなオンナ | トップページ | またまた○○好きなオンナ »

好きなものの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・○○好きなオンナ:

« ○○好きなオンナ | トップページ | またまた○○好きなオンナ »